読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving to Phuket

移住生活 10ヶ月目 ホテル開業しました
MENU

GoPro5のオススメアクセサリーと専用ドローン「カルマ」について

f:id:bacchus--dionysos:20161005181134j:plain

GoPro5の発売日10月8日までもうすぐ!

GoPro5のスペックなどについては前回の記事でたっぷり紹介したので、今回は合わせて持ちたいアクセサリーや噂の専用ドローンについて紹介して行きます!

GoPro5について

GoPro5については過去記事をご参照ください。

www.moving-to-phuket.asia

2年ぶりの新機種。楽しみですね。

GoPro5はそのまま手に持ち使うことも可能ですが、アクセサリーを使うことでウェアラブルカメラ本領を発揮してくれます。

GoPro4からGoPro5への変更点の一つとして、サイズがひとまわり大きくなっています。そのため、従来の周辺機器は使えなくなっているものもあります。

GoPro4からGoPro5へ買い替える人はどれが必要でどれが必要ないかを十分に見極めましょう。

GoPro5からGoProに入門する人はこれからオススメするアクセサリーを手に入れましょう!

GoPro5周辺機器

GoProは超広角レンズ搭載のカメラです。手持ちだと映像に持っている手が入っちゃうかもしれません。

それはそれで味があっていいと思いますが、気になる人は専用のスティックなどを準備しましょう。

身につける系アクセサリー

GoPro 3way

延長・変形可能な専用スティック
・短いスティック
・長いスティック
・三脚
以上の3つの使い方ができます。

短いスティックは自分がメインなセルフィに使えますし、安定感があるので激しい運動中にも使えそうです。

長いスティックは自分だけでなく、周りの風景も一緒に撮影が可能です。
ふと思ったのですが、遺跡とかの観光中に綺麗な景色と共に自分を撮ったりと役立ちそうですね!

三脚では定点での撮影が可能になります。
広角カメラなので、直接地面に置いてしまうと画面の半分弱が地面に。
三脚で少し地面から距離を離して撮った方がいいかも。

この3Wayの難点は値段…。ちょっと高い…。

俺腕長いし、鍛えてるから腕の固定も得意だぜ!
だから、こんなに多機能じゃなくていいぜ!という人はこちらがいいかな。

Go Proカメラグリップ ザ・ハンドラー

先ほど紹介した3Wayの短いスティック状態です。

短いので撮る写真にはどうしても腕が入ってしまいます。

参考画像

f:id:bacchus--dionysos:20161005185813j:plain

これくらいなら問題ないぜ!という人にはぴったりですね!

しかし、オフィシャル画像に使われてしまった右のお母さんがかわいそう。

その他の身につける系アクセサリー

帽子の様にかぶって固定するヘッドストラップとか胸元で固定するチェストマウントハーネスとかもあるんですが、ちょっとやりすぎ感が否めません。

装着するのが恥ずかしいので購入の候補には入りません。
なのでオススメアクセサリーとしては紹介しません……。

機能補強系アクセサリー

GoPro5ではこれまで弱かったバッテリーも改善しました。でも、外で使う時ってずっと電源入れっぱなしで結局バッテリーがなくなったり、容量がなくなったりしちゃうかも。いいシーンを逃さないために予備のバッテリーとSDカードを持っておきましょう

でもまだGoPro5用の予備バッテリーはまだ出ていないみたいです。本体販売後の情報を待ちましょう!

大容量MicroSDカード

実はMicroSDカードによって高画質モード(4K)の画像を保存出来たり、出来なかったりします。

 

ドローン系アクセサリー

ドローンをアクセサリーと呼んでいいのだろうか。
むしろドローンの撮影系アクセサリーがGoProなのか。

そんなことはどうでもいいですが、なんと今回のGoPro5には専用のドローンが!

アクションカメラ・ウェアラブルカメラを名乗っている以上、これは外せなかったんでしょうね。

その名もKarma(カルマ)

f:id:bacchus--dionysos:20161005192300j:plain

youtubeにあるオフィシャルなカルマ紹介動画です。

www.youtube.com

すげー!カッケー!!
男の子の夢をこれでもかと詰め込んでる!

9万円は高いけど、買っちゃおっかなー。
絶対楽しいだろうなー。

f:id:bacchus--dionysos:20161005193155j:plain
(妻を伺う私)

ドローン「カルマ」は10月23日に発売です!