読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving to Phuket

移住生活 10ヶ月目 ホテル開業しました
MENU

GoPro5を買うべきか悩んだ人に 普通のデジタルカメラとの比較とおすすめ使い方

f:id:bacchus--dionysos:20161005181134j:plain

GoPro5、明日発売です!

これまでGoPro5について発売日や価格、スペックにアクセサリーなどを紹介しながら、おすすめをしてきました。

さて、GoPro5についてはよくわかった。
じゃあ、買ってみようかなー。でも特殊なカメラだし高い買い物をして使わなかったらもったいないしなー。

ということで、今回は購入するか悩んでいる人に参考になるように買うべき人や買わなくてもいい人について紹介していきます。

過去記事

GoPro5の開発の歴史からGoPro4との比較、価格や発売日に関する情報をまとめました。

そして、次の記事ではGoPro5と合わせて欲しいおすすめアクセサリーと専用ドローンの「カルマ」について紹介しました。「カルマ」もう少しで販売ですね!

 

GoPro5の特徴とその分析

GoPro5って結局どんなカメラなの?既存のカメラと何が違うの?ということを強み弱みに分けて分析します。

強み

小さい

ミドルクラスの機種でこのサイズ。手の平で隠れちゃうサイズです。既存のデジカメより小さいので、持ち歩きが楽です。

動画を撮るビデオカメラとしての面が注目されていますが、カメラとしてもすぐに取り出すことができるのは、GoPro5の利点ですね。

防水機能

カメラは精密機械なので、水に弱いです。

実はGoPro5まではGoProもケース(ハウジング)に入れてないと水中に持っていくことはできませんでした。

しかしGoPro5はケース(ハウジング)に入れなくても防水機能を搭載!

しかし、水中の魚のマクロ撮影なんかにはちょっと機能が足りません。(デメリットをご参照)水中で使う場合は、その広角レンズを利用した写真・映像を撮ることを主眼に置きましょう。

広角レンズ

これはメリット・デメリットに共通しているのですが、GoPro5に搭載しているのは広角レンズ。そして交換ができません。広角の良さはその名の通り広角に撮ることができます。

iPhoneのカメラとの比較です。

f:id:bacchus--dionysos:20161007182430j:plain

f:id:bacchus--dionysos:20161007182436j:plain

これだけの広角な撮影ができるんですね。

丈夫で無茶なことができる

GoPro5はウェアラブルカメラ・アクションカメラですので、耐久性が非常に重要です。それはもちろんお墨付き。

しかし、みんながみんなエクストリームスポーツをするわけではないです。しかし、実はこんな使い方も!

f:id:bacchus--dionysos:20161007183307p:plain

子供が振り回したり、投げたりしても大丈夫!(限度はありますけどね)

3分ほどの短い映像なので、子供が夏休みを撮影した動画を紹介しますね。

3歳の目から見た夏休み

vimeo.com

ちょー素敵!

親子の思い出としては最高ですね!

 

それではそろそろデメリットについても紹介します。

弱み

広角限定(ズーム機能なし)

先ほど触れましたが、GoPro5はレンズの交換ができません。
そのため、備え付けの広角レンズしか利用できません。

幅広く撮るにはいいのですが、後ろをぼかしたポートレートを撮ったりすることはできません。また海の中で、小さな魚を拡大してキレイに撮るというのも出来ないです。

楽しい一瞬を切り取るにはGoPro5がいいのですが、芸術的な写真を撮りたいということであればGoPro5は向いていません。

バッテリーの持ち

GoPro5のバッテリーはこれまでのものより改善され、持ちが良くなっているそうですが、連続使用し続ければもちろんバッテリーはなくなります。

撮影を続けているとバッテリーがなくなり、夕方くらいには使えなくなってしまうかもしれません。

バッテリーがなくなった後に『あ!これ撮りたい』と思っても時すでに遅し。

その点、デジタルカメラですと電源を入れっぱなしで数百枚撮ったとしても使っていない時は省エネモードになりますので、1日で充電が切れるということはありません。

 

GoPro5向き不向き

さて、これらの強みと弱みからGoPro5に向いている人と向いていない人を考えてみます。

GoPro5を買って楽しめる人・GoPro5に向いている人

よくお出かけする人

基本的にはお出かけした先で、映像や写真を撮るものです。
出かければ出かけるほど、素晴らしい風景や出来事に出会えます。

GoPro5と一緒に出かけよう!

写真や映像が好きな人

学生時代から、映像を撮ったり写真を撮ることが好きでした。
そして、それを編集してみんなで見たりするのが好きでした。

陰キャの生きる道?余計なお世話です。

旅行に行ったらアクティビティに参加する人

旅行へ行くと様々なアクティビティがありますね。

夏のリゾート地なら、ダイビングやパラセーリング。
東南アジアでは象と触れ合ったりすることもできます。

冬のリゾートなら、スキーやスノボー。
そういった物が好きならGoPro5は最適です!

GoPro5を買わないほうがいい人・GoPro5に向いていない人

あまりお出かけしない人

冗談のように聞こえるかもしれませんが、本当の話。

ガジェット好き・新しいものが好きなんだけど、基本はオフィスと家の往復。週末は出かけたい気持ちはあるんだけど、日々の疲れでお出かけがなかなか出られない。という人結構いるんじゃないですか?

むしろGoPro5を購入することでお出かけのきっかけになるかもしれませんね。

写真や映像が嫌いな人

これはキャッチーに言い過ぎたかもしれません。
でも写真を撮ったり映像を撮ったりする暇があるなら、自分の目で体で体験をしたいという人はある程度数いると思います。

旅行に行ったら読書する人 

『旅行をする時はね、誰にも邪魔されず
自由でなんというか救われてなきゃダメなんだ
独りで静かで豊かで…』

という人も多いと思います。
かくいう私も一人旅の時はあまり記録をとったりしません。

出かける目的は、美しい写真を撮ることだ

ズームの機能がないところからの派生です。

趣味・写真という人は結構多いと思います。気づいたら被写体を探していたり。

一眼レフでレンズを複数持ってサブでコンデジを持つような人には、GoPro5は向いていません。

まとめ

GoPro5が好きなので、どうしてもおすすめする方向になってしまいますね…。

さて、人におすすめするばかりでなく、個人的な話をすると私はGoPro5と一眼レフの二刀流にします。

写真が趣味なので、ズームや撮影モードをマニュアルで設定したい派です。
それとは別に家族の記録は映像でも欲しいのでそれはGoPro5にお任せ。

流石にドローンの「カルマ」は妻に許可が得られなさそうなので諦めます。

一人でも悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。