読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moving to Phuket

移住生活 10ヶ月目 ホテル開業しました
MENU

【ふるさと納税】DJI Phantom4とCX-20 FUTABAの比較【ドローン】

f:id:bacchus--dionysos:20161101144853j:plain

ふるさと納税してますか?私はしていません。

でも理屈は素晴らしいなと思います。縁がある土地に税金を還元させるというのは東京一極化を避けるためにはいい着眼点だと思います。また現地に縁がある商品を出すことで地域のブランドマーケティングにも繋がります。

税収を得るために、営業をする。

役所が民間の感覚を持つのはいいことだと思います。

今回はガジェット好きな私が注目している『ドローン』を提供している街の紹介とドローンの比較をしてみたいと思います。

 ふるさと納税とは

実はふるさと納税って非常に小難しい理屈で成り立っています。

自分の指定した自治体に住民税を払っているだけと思われるかもしれませんが、実はそうではないんです。

例)X町に住んでいるAさんがY町にふるさと納税します。
実は『納税』という言葉を使っていますが、会計上は『寄付』です。
その寄付の金額でX町に払う住民税が税額控除されます。

結局、ふるさと納税すれば自分がいる自治体の住民税が控除されるから、得られる結果は一緒なんですけどね。

細かいことが気になる性格です。

さて、本題の自治体とドローンの話へ。

東京都国立市:DJI Phantom4

東京都国立市はこちら。「こくりつ」じゃないですよ。「くにたち」です。

f:id:bacchus--dionysos:20161101151411j:plain

東京の真ん中と言えば響きはいいですが、ちょっと都心からは外れています。

一橋大学があることで有名です。そして油そばの発祥の地でもあります。

そんな国立市がふるさと納税で出しているのが『DJI Phantom4』

Phantom4 ファントム4

DJIという中国の会社が開発したファントム4。

f:id:bacchus--dionysos:20161101152151p:plain

なぜ中国の会社の商品が国立市に?

それは日本の正規代理店セキドが国立市にあるからです。

スペック等に詳細は後ほど比較します。

 

長野県上高井郡小布施町:CX-20 FUTABA

小布施町はこちら。長野県北東部にある町です。

f:id:bacchus--dionysos:20161101152800p:plain

ってかちっちゃ!!それもそのはず19㎢しかありません。
長野県では最も小さな市町村。

日本全体でいうと1741市町村のうち1574位の大きさです。

どんな田舎かなぁと思って調べてみるとなんと12もの美術館・博物館があり、その中でも葛飾北斎の作品を集めた北斎館が最も有名で多くの観光客を惹きつけているそうです。

やるな、小布施町。

こんな小布施町が『ふるさと納税』で提供しているのが『CX-20 FUTABA』です。

CX-20 FUTABA シーエックス20フタバ

開発元は国内メーカー、クエストコーポレーション。
ご想像通り、ここ小布施町に本拠を構えています。

ラジコンヘリやマルチコプターの開発をしてきた会社です。
ついにドローンにも参入と行ったところでしょうか。

f:id:bacchus--dionysos:20161101154327j:plain

それでは、比較していきましょう。

Phantom4とCX-20 Futabaの比較

コンセプト

比較する上で最も大きな違いがコンセプトでしょう。

Phantom4は飛行させるのが手段。

CX-20 Futabaは飛行させるのが目的。

Phantom4はフライングカメラと謳っています。
あくまでも空からの撮影をメインとしたドローンです。
飛ぶのは撮影を空からするための手段でしかありません。

一方のCX-20 Futabaは、説明書によると無線操縦模型
模型を無線で操縦させ空を飛ぶことを目的としています。

それが操作性を比較しても明らかです。

操作性

Phantom4は出来るだけ簡素化

CX-20は Futabaは操縦の楽しみを

Phantom4の操作は極限まで簡素化されています。

カメラに映った場所をタップするだけで自動で移動。自身で障害物を探知し、回避。そして被写体を指定すれば、自動で追尾します。

CX20 Futabaはラジコンヘリを開発していただけあって、操縦が楽しい(難しい)ドローンです。

CX-20 Futaba 説明書
http://quest-co.jp/rc/manual/auto_pathfinder_cx-20.pdf

こちらをご覧いただくとわかりやすいのですが、ラジコンのコントローラーで操縦します。

コンセプトや機能や操作性についてはお分かりいただけたかと思います。

続いてはお値段について。

値段

値段については2パターン紹介します。
ふるさと納税価格と一般的な価格です。

ふるさと納税

Phantom4 ファントム4

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 東京都国立市 - [№5903-0019]ドローンDJI PHANTOM 4

国立市へ50万円のふるさと納税

CX-20 FUTABA シーエックス20フタバ

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 長野県上高井郡小布施町 - 特産品コース D-2

小布施町へ20万円のふるさと納税

 

両方結構しますねー。
しかしこれは最初に言った通り、住民税から還付されます。
もし住民税でこれだけ持っていかれることがわかっているのであれば、納税してみてもいいかも?

続いて小売価格です。

一般的な価格

Phantom4 ファントム4

バッテリー2個、バックパック、損害保険付きで215.331円

 

CX-20 FUTABA シーエックス20フタバ

 フルセットで323,676円

 

なんと、小布施町のCX-20はふるさと納税するとお得です!

こちらは空撮パーフェクトセットであり、ふるさと納税版にはカメラはないようなので多少の違いはあるかもしれませんが、それでもお得な感じですね。

 

さいごに

Phantom4とCX-20の比較。

それは撮影を主とするか、操縦を楽しむことを主とするかの比較です。

悩んでいる人の参考になれば幸いです。

さいごにオフィシャルリンクを貼っておきますね。

 

PHANTOM 4 - Phantom 4は、DJI史上最もスマートなフライングカメラです

マルチコプター CX20

 

クエストさん…もう少しマシなページを作りませんか…?