Moving to Phuket

移住生活 10ヶ月目 ホテル開業しました
MENU

おすすめワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの選び方と注意点

f:id:bacchus--dionysos:20161214174644j:plain

iPhone7が イヤホンジャックをなくしてから、注目度をあげたのがワイヤレスイヤホン。今回はそんなワイヤレスを紹介したいと思います。

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン

その名の通り、ワイヤーがないイヤホン・ヘッドホンです。本体(iPhoneや他の音楽が入っている機器)からBluetoothという無線でイヤホンまで音を飛ばします。

だから、イヤホンそのものは直接本体に繋がなくていいという代物です。

 

かつては、ワイヤレス(無線タイプ)は音質が非常に悪いと評判でしたが、最近のワイヤレスイヤホンやヘッドホンはだいぶ向上し、有線タイプに引けを取らなくなってきました。

だからこそ、アップルもイヤホンジャックをなくして、ワイヤレスだけにしたんでしょうね。

個人的な話ですが、外出時だけでなく自宅で音楽を聞くときもイヤホンを使っています。作業中、タバコを吸いにベランダへ行ったり、キッチンでお茶入れたりする際などその都度外さなくてはいけなかったのですが、これがあればもうそんな手間をかける必要は無くなります。

またイヤホンの持ち運びの際にコードが絡まったり、聞いてる最中になにかに引っかかって耳が引っ張られるなんて経験をよくする人にもおすすめです。

それでイヤホン・ヘッドホンを調べてるうちに情報が多すぎて困ったので、選び方やそれぞれの特徴をまとめてみたいと思います。

 

イヤホン・ヘッドホンのタイプ

インナーイヤー型イヤホン

sudio TVA ホワイト イヤホン インイヤー型 (スーディオ)
耳にかけたり、耳の入り口にはめるタイプです。よく商品に最初から付いているタイプですね。

画像のものは有線タイプ。参考画像です。 

メリット:着脱がしやすい。

デメリット:音漏れしやすい。ずれやすい。耳の形によって上手くはまらない。

耳の形が変なのか、私は上手くハマらないんですよね。だから基本的に商品についているデフォルトのインナーイヤー型を使うことはありません。でも最近は耳の周りからカバーして簡単に落ちないタイプが出ています。

カナル型イヤホン 

超軽量・超小型タイプの完全コードレス耳栓ワイヤレスイヤフォン APOLLO7 (スペースグレー)

耳の穴に突っ込むタイプです。

メリット:イヤホンがずれにくい。騒音が入らず音がクリアに聞こえる。

デメリット:周りの音が聞こえにくいので危ない。汚れやすい。

私がこれまで多く使ってきたのが、このカナル型イヤホン。周りの音が聞こえなくなるので音楽に集中したいときはこれがおすすめ。

でも、外ですると 周りの音が全く聞こえないので、ちょっと危ないかなという気もします。

密閉型 ヘッドホン

 

AUSDOM M04S bluetooth 4.0 密閉型 ヘッドホン ワイヤレス ステレオ ヘッドフォン 有線可能 NFC搭載 ( ブラック+レッド )

いわゆるヘッドホンをイメージされるとこのタイプだと思います。
しっかり耳周りをカバーして、外からの音をシャットダウン。

メリット: 低音がいい。遮音性が高い。

デメリット:でかくてかさばる。髪型が崩れる。音がこもる。

低音がいいので、結構好きなのですが、髪型次第だと思います。私は髪の毛を立てることが多いのですが、ヘッドホンだと髪を押さえつけるのでセットしてもペタッとなってしまいます。

そしてとにかく大きいので、使わないときに結構邪魔です。

開放型ヘッドホン

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598【国内正規品】

 

耳のところが、解放されているタイプです。あまり見かけないタイプです。

画像のものは有線タイプ。参考画像です

メリット:解放されているので、高音が伸びやすい。

デメリット:でかくてかさばる。髪型が崩れる。低音が抜ける。遮音性が低い。

静かなところ(部屋など)で高音が多用されているオペラ・クラシックなんかを聞くときにいいと思います。

しかし、よくなったとはいえ音質は有線に比べると落ちるのでそれだけ本格的に音楽をいえで楽しみたいのであればワイヤレスである必要はないかと思います。

ワイヤレスイヤホンで外へ出かけるという趣旨からは外れますね。 

独断と偏見で滅多斬り

f:id:bacchus--dionysos:20161214231839j:plain

インナーイヤー型は、ずれやすく落ちやすいし、音も漏れるから質もそんなによくない。開放型ヘッドホンは、完全自宅用で普段使いにはしにくい。

からカナル型と密閉型ヘッドホンをオススメします。

 

カナル型ワイヤレスイヤホンおすすめ3選 

Apollo 7

完全独立型ワイヤレスイヤホン

海外のクラウドファウンディングから生まれたイヤホンで、これまで一般的だった繋がっていたイヤホンが完全に切り離されて独立型になりました。

おしゃれ!素敵!だけど、なくすのが怖い・・・!

高音質対応で音もいい、最先端をキープしたいガジェット愛好家におすすめです。
あと、ここまで軽量化・小型化が進んでいるので、激しく動く人にもいいかもです。

走っているときに、コードが体に当たるのが結構気になる私みたいな人にもいいですね!

 

Sound Air WS-5000 

ソフトバンクが出した新型イヤホン

ソフトバンクが出しただけあって、マイクがついていて通話にも対応しています。そして、右と左をつなぐコードに小さなコントローラーがついていて、わざわざプレーヤーを出さなくても簡単な操作ができます

iPhoneやアンドロイドなど携帯電話での利用を考えている人にはおすすめです。

 

Tao Tronics TT-BH06

コストパフォーマンスのよさがポイント!お値段2322円!

それなりの音質でワイヤレスイヤホンで〜と考えるとこれが最もコストパフォーマンスがいいのかなと思います。

まずはお手軽に。という方におすすです。

 

密封型ワイヤレスヘッドホンおすすめ3選

MDR-1000X

ソニー渾身のハイエンドワイヤレスヘッドホン

ノイズキャンセル機能を最適化するパーソナルNCオプティマイザー搭載。
個人に最適化したノイズキャンセラーを提供します。

ノイズキャンセラーを初めて体験した時の感動が忘れられません・・・!

これ一択でもいいくらいです。

 

Beats by Dr.Dre Solo3

ヒップホッパーであり名プロデューサーDr.Dre監修のヘッドホン

世の中一般に出回っているヘッドホンで一番メジャーなんじゃないでしょうか。

世界中でこのヘッドホンを見かけます。

様々なカラーバリエーションを選べるところもお手軽でいい感じです。

 

AUSDOM M04

ワイヤレスヘッドホン随一のコストパフォーマンス

コストパフォーマンスがいいって言っても、一番安いってわけじゃないですよ。

音質や機能などを考えた上でこの値段ならお買い得です。耳元でプレーヤーの操作ができる点もおすすめポイントです。

個人的にはこの黒に赤いアクセントがついているデザイン 好きです。

 

さいごに

今回は完全に私の独断と偏見によるオススメでした。

(耳の形という個人的な判断基準もあり)

賛否両論あると思いますが、少しでも悩んでいる人の助けになったのであれば幸いです。