人気記事&新規記事一覧はこちらから。

プーケットでのホテル開業計画、はじまるよー。

全開の100記事達成から今回の更新までに時間が空いてしまいました。

それは目標を達成して燃え尽きていただけでなく、実生活でドタバタしていたからです。今もドタバタ最中なんですけどね。

ツイッターのプロフィール欄などに書いていますが、プーケットに移住してホテルをやりたいなと思っています。

そのため2016年8月22日に移住して以来、色々とホテル物件を巡ったり弁護士さんを巡ったりしています。

本当に色々な不動産ブローカーや弁護士がいます。

怪しい人、適当な人、まともそうな人。

どの人を信用するか。なかなか判断が大変です。

現在の計画

いかに物価が安いタイとは言え、土地を購入してホテルを建てる。既存のホテルを購入する。というのは値段的に現実的ではありません。

じゃあ、どうしようとしているのかというと、既存のホテルを借りて経営する形で考えています。

日本ではあまり見られない売買の種類だと思いますが、ここタイではよくある形態の様です。

一度パタヤやプーケットを訪れるとそういう取引があり得るんだなぁと理解できるくらいホテルが林立しています。

それだけ競争も激しく大変なわけですが。

これまでの動き

ここプーケットでは多くの外国人がタイ人大家から建物を借りてホテルを経営しています。既存のホテルはほぼ9割くらい外国人経営だと思います。

旅行で来て、気に入ったからホテルを借りて生活費を稼ぐことで滞在費を相殺しようという考えです。

大体の人はホテル業の素人。結局うまく行かずに手放す人が多いというのが、マーケットにホテルがいっぱい出ている理由なんだと思います。

ホテルの経営者が外国人である以上、こういった物件を仲介するブローカーは大抵外国人。これまで私はそのブローカーたちに会いに行き、様々な物件を見せてもらいました。

お、これいいなと思って、契約の直前まで行ったホテルもありましたが、旧大蔵大臣で現財務省大臣であるの意見により見直しを行ったところ、あかんということになりました。

その後も物件を訪れ続け、ようやく候補が2つに絞られました。

2つの候補

  1. ビーチや繁華街近く。小さくてボロボロなホテル
  2. ビーチや繁華街遠い。大きくてリノベ済みで綺麗なホテル

どっちにしようかな。

前者はパトンビーチから歩いて数分。繁華街であるバングラ通りまでは1分以内という好ロケーション。でもボロボロで今のままじゃまともにホテルと呼べないクラス。

お金をかけてリノベーションしなくてはなりません。

後者は海やバングラ通りから離れていますが、すでにリノべ済みで綺麗で結構大きなホテル。

悩ましいところです。今は両方で話を進めています。

建築家を呼んで、1.のリノベ概算をもらってどっちの方が結果的に値段相応になるかの確認中です。

さいごに

海外で物件を借りて、ホテルやビジネスをしている人はそれなりにいると思います。

でもその中でブローカーや弁護士との戦い、建築家との見積もり合戦やDIY話を公表している人は少ないと思います。

これから、そういうことも書いていこう と思います。

お楽しみいただければ幸いです。

1 Comment

shibamasaki

こんにちは、優樹です。
すごい! そんな計画があったのですね。
読んでいる方もワクワクします^^
応援しています。
私の実家は海のそばで民宿をしていました。
ホテルの立地は、改装費用にもよりますが、海の近くを第1候補に考えられる方がよいように思います。
くまさんもよくご存じだと思いますが、「海のすぐそば」は最大の「売り」になりますものね。
内装は手を加えれば何とかなりますが、ホテルを海の近くに移動するのは無理ゲー^^;
これからの進捗記事を楽しみにしています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です