人気記事&新規記事一覧はこちらから。

日本+4カ国住んだ私が思う海外生活のメリット・デメリット

これまで日本を含め5カ国で生活しました。そんな経験から、海外生活のメリットやデメリットを紹介します。なお、住んだ国はアフリカのアルジェリア、ヨーロッパのフランス、東南アジアのミャンマーとタイです。

なるべく偏りがないようにしたいと思いますが、私の個人的な感想ですので、賛否両論あるかもしれません。ご容赦いただければ幸いです。

海外生活のメリット

物価が安い

f:id:bacchus--dionysos:20170406180520j:plain

必ずしもすべての国がそうだとは言えません。しかし、大抵の国は日本より物価が安いです。先進国だって、物によっては日本より安いですね。自給率が高い国(フランスやスペイン、イタリア)などは生鮮食品が日本より安いです。発展途上国では、特殊な輸入品(乳製品)などを除いて全般的に日本より物価が安いです。

物価面でとても違いを感じるのは住むところ。発展途上国だったら日本の1Rの家賃でプール付き邸宅だって夢じゃありません。

もしあなたが日本から収入を得られる、もしくは同等の収入を現地得られるのであれば、海外に住むというのはいい選択肢になると思います。ただし、現地で現地人相手に商売するなら、その国の物価に合わせた収入しか得られませんので、その点にだけは注意が必要です。

人間関係の煩わしさが少ない

f:id:bacchus--dionysos:20170406180553j:plain

どういう生活を送るかにもよりますが、日本に比べて人付き合いが楽に感じます。もちろん、海外でも人付き合いはあります。職場によっては人間関係が濃厚なところだってあります。でも、無理に付き合う必要はありません。

ほどほどに付き合い、疲れてたら欠席する。そんなゆるい感じでも受け入れてくれる環境は多いです。現地のコネクションを作って、ビジネスを成功させるんだ!っていう人は頑張って人付き合いしてくださいね。

また日本人社会というものにも注意が必要です。海外に住んでいる日本人同士のコミュニティは良くも悪くもムラ社会。いない人の悪口や根も葉もない噂が流れることもあります。しかし、全員が全員そういう人とも限りません。私は、程よい距離を保つよう心がけています。

憧れの場所での生活

f:id:bacchus--dionysos:20170406180642j:plain

会社の派遣だと必ずしも希望のところには住めませんが、海外に移住してしまえば好きなところに住むことができます。憧れの場所で人生を過ごす事が出来るのは海外移住の最高のメリットです。

あなたが憧れてきたヨーロッパの街並みの中、海を目の前に臨むリゾート地。

どこに住んでみたいか。それを考えるだけでも楽しいですが、実際に住んでみることができます。まさに夢を叶えることができます。

海外生活のデメリット

医療問題

f:id:bacchus--dionysos:20170406181418j:plain

これはどこにいっても付きまとう問題です。先進国なら安心じゃない?って思うかもしれません。しかし、盲腸とか良性腫瘍とかその言語でわかりますか?医療のレベルが高くても言語の壁があります。仮にその言語を相当レベル話せても医療に関しての言葉まで覚えるのは相当難しいです。またその国のお医者さんはその国の基準で診察します。

ゲルマン民族と日本人を同じ基準で診察していいのか。
ベルベル族と日本人を同じ基準で診察していいのか。

語学だけではなく、お医者さんの慣れとしても海外で医療を受けるのは考えものかも。

食事問題

f:id:bacchus--dionysos:20170406182052j:plain

和食がお好きな方は大変です。大きな都市なら日本の商品を売っているお店もあります。でも日本で買う2〜3倍。毎日その国の食事でも大丈夫だよっていう人は問題ありません。しかし、普段そう思っている私でもたまに美味しい和食を食べたいなぁと思います。

簡単な和食は作れるように醤油・みりん・日本酒を揃えておくと捗りますよ。

生計問題

生きていくためには、ある程度のお金が必要です。リタイヤして余生を過ごす貯蓄があればなんの心配もいりませんが、そんなにある人は多くないと思います。じゃあ、海外生活をするのは選ばれし人だけなのか。というとそんな事はありません。現地で収入を得られればいいのです。

日本の仕事を海外で受注するのも一つ。現地で働くのも一つ。その合わせ技なんていうのもあります。決して難しいものではありません。

さいごに

ぜひみなさんも海外移住してみませんか?

プーケットのくまは海外に移住を考えている皆さんの味方です。お気軽にご相談ください!

2 Comments

hutottyo3

デメリットの部分は病気したタイミングで日本に帰って来ればカバーできるね。
収入の面も、ネットでできる仕事沢山あるし、日本人向けに観光案内やるよ!ってだけでも生活出来そう。
買い物とか、お土産買うの、現地の慣れた日本人と一緒なら、それだけでツアー代回収できそうだし。

返信する
bacchus--dionysos

病気したタイミングで帰れればいいんですけが…。体調不良が明らかな場合、機長の判断で乗客拒否できるんです。
一度旅行へ一緒に行ったお客様が脳梗塞を発症、なんとか一命は取り留めて、帰国したいということだったのですが、結構機長とすったもんだありました。
日本人向けの商売はどの程度お客さんが来る地域かにもだいぶ寄りますね!ミャンマーでは生活できました!プーケットは日本人の奪い合いが大変そうで、参入していません…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter Feedly
SHARE