人気記事&新規記事一覧はこちらから。

コインブラの観光情報や行き方、荷物の預け場所、所要時間

今回は学園都市コインブラの観光情報。そして、ポルトからコインブラ、コインブラからナザレへの行き方をご紹介します。

ポルトガルの観光情報や日程の組み方はこちらの記事をご覧ください。
旅行屋が語るポルトガルの基礎情報、魅力と旅行日程の作り方

ポルトの観光情報やモデル日程はこちらの記事をご覧ください。
ポルトを満喫しよう!観光の基本情報、モデルプランとオススメレストラン・ホテル

コインブラの基本情報

コインブラはポルトガルを代表する学園都市です。
ポルトガルでは最も古く、ヨーロッパでは3番目に古いと言われているコインブラ大学があります。

MEMO
最も古い大学はイタリアのボローニャ大学。
2位はフランスのパリ大学と言われています。

また、コインブラはポルトガルのセントロ地方(中央地方)の最大の都市です。

その歴史は古く、古代ローマ時代まで遡ります。
その後、レコンキスタが始まり、ポルトガルをイスラム教徒から奪還。
ポルトガル王国が樹立され、12世紀から13世紀までの間はここコインブラがポルトガル王国の首都となりました。

13世紀末(1290年)にはコインブラ大学が設立。
世界中から研究者や学生が集いポルトガルの文化的な中心地へと成長して行きました。

この歴史ある街は大学を含め、2013年に世界遺産に認定されました。

その時代から今なお続くコインブラ大学には学生が多く在籍しています。
そんな彼ら彼女たちの象徴がまとっている黒いマント。

この大学の制服には面白い伝統的な風習があります。
それも『女性は好きな男性のマントの裾を裂く』というもの。
だから、マントの裾を見ればその学生のモテ度がわかってしまうとか。

私、コインブラ大学じゃなくてよかったです。

コインブラの見どころ

ジョアニナ図書館

コインブラで必ず訪れたいのは世界一美しい図書館のひとつ、コインブラ大学のジョアニナ図書館です。
ポルトにある世界一美しい本屋の次は世界一美しい図書館です。

文化にまつわる美しい建造物があるのはさすが大航海時代を築き上げたポルトガルならでは。

場所は旧コインブラ大学の敷地内にあります。入場するためには鉄の門の近くにある入場券売り場にて。
一回の入場に対して人数制限があるため、入場券を購入する際に、入場時間を指示されます。

注意
私たちは次の移動があり、指定された入場時間はコインブラにいません。
時間変更をお願いしたら、快く変更してくれました。
でも必ず対応してくれるわけではないと思います。余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

このジョアニナ図書館はエマ・ワトソン主演で話題になった実写版『美女と野獣』(2017年)で登場する図書館のモデルとされています。エマ・ワトソン扮する『ベル』は読書好きなキャラクターとして描かれ、多くの重要なシーンが図書館を舞台にしています。

ディズニーから明確にモデルがジョアニナ図書館だと指摘はされていませんが、とても似ていることからほぼ間違いないと言われています。

なんとコインブラ大学が、映画と実物の比較サイトを作成しています。

コインブラ大学による映画と実物の比較サイト

旧市街と旧大聖堂

丘の頂上に建つ旧コインブラ大学の文字通りお膝元であるコインブラに街は中世の趣のまま残されています。
中でもその象徴ともいえるのは旧大聖堂です。

ポルトガル王国の建国の父、初代ポルトガル王アルフォンソ・エンリケス(アフォンソ1世)が1162年に建立したこの旧大聖堂は時代の流れとともに改築・増築されました。

外観は非常に重厚でまるで要塞のようにも見えるロマネスク様式。そして隣接する回廊はゴシック様式としてはポルトガルで最も古い13世紀の建造。そして16世紀には初期ルネッサンス様式を用いた北面の入り口が増築されました。

歴史建築好きにはたまらない教会です。

MEMO
キリスト教建築の歴史的な様式は
ロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式の順です。
ローマ人のゴルバチョフと覚えましょう。

コインブラ観光のモデルルートと観光の所要時間

私たちは今回コインブラの観光を半日観光にしました。

ポルトからリスボンの間には数多くの街や観光地がありますが、旅行に使える日数に限りがあるので、全ての観光地を訪れることはできません。そして、1日に2つも3つも街を訪れるのは、疲れますし、印象も薄くなってしまいます。

そのため、私たちはポルト→コインブラ→ナザレを1日ナザレ→オビドス→リスボンを1日にしました。

3つの街を2日間で巡るという日程です。実際に旅してみて、この組み方にしてよかった。大成功です。

それでは具体的な日程を紹介します。

ポルトからコインブラ移動、コインブラ観光とコインブラからナザレへの移動

朝8時にポルトのホテルを出て、サンベント駅へ。

ポルトカードを買ったチケット売り場でコインブラ行きの乗車券を購入。
1等車17.50ユーロ、2等車13.40ユーロ。

チケットはサンベント駅からコインブラ駅まで購入できますが、乗り継ぎがあります。

  • Step1
    8:30 サンベント駅出発
    アズレージョの美しい駅舎から出発
  • Step2
    8:34 カンパニャン駅到着
    乗り継ぎは簡単ですので18分で余裕です。
  • Step3
    8:52 カンパニャン駅出発

    田舎の風情ある駅。ほぼみんな同じ乗り継ぎです。
  • Step4
    9:57 コインブラB駅到着

    隣のプラットフォームへ移動
  • Step5
    10:07 コインブラB駅出発

    2、3分の乗り継ぎです。
  • Step6
    10:10 コインブラ駅到着

    目的地到着!

今回利用するポルトガル国鉄の列車はwifi付きです。
下調べしていたらあっという間にコインブラB駅に到着。
コインブラB駅からコインブラ駅へ移動するのを忘れずに。

注意
日帰りコインブラ観光で重要なのは荷物の預け場所。

ホテルをチェックアウトして、次のホテルへ移動するまでの移動中に訪れたのでスーツケースと一緒です。
これをどこかに預けなければなりません。

私たちは次のコインブラからナザレへのバス移動を見越して、Rede Expressosのバス停へコインブラ駅から直行。
徒歩移動で約10分。

コインブラバス停の入り口です。
目印は隣の喫茶店Neptune。この写真の左手、赤い入り口がバス停です。

コインブラからナザレへのバスチケットを購入するとともに
併設のカフェで荷物を預かってもらいました。お値段3ユーロ。

他の観光案内所などでも預かってもらえるとインターネットには情報がありましたが、中途半端なところで預かってもらうよりは、必ず戻ってくるバス停の方が効率的だと思います。

私たちの日程とは逆にリスボン方面からきて、ナザレへと移動するならこのコインブラバス停に到着後、スーツケースを持ってコインブラ駅へ移動。
コインブラの駅、もしくは観光案内所で荷物を預かってくれるか聞いてみましょう。
日曜で観光案内所がしまっている場合は、周辺のカフェへ。
無料ではなく有料化もしれませんが、預かってくれる場所はあると思います。

コインブラからナザレ行きのバスは1日5便(2018年7月)

  • 09:30 – 11:15
  • 13:30 – 15:10
  • 16:15 – 17:55
  • 17:00 – 18:40
  • 18:15 – 20:00

コインブラの観光時間、ナザレでの滞在時間を考えてこの段階でチケットを購入しておきましょう。

私たちは13:30のバスにしましたがコインブラの観光の所要時間が結構タイトでした。
ですので、16:15のバスにすることをおすすめします。

荷物を預けて身軽になったので、コインブラ観光の開始です。
しばらく平地を歩いて街の中心部へ。中心部は他の街同様、丘の上に建っています。


坂を登ってサンタクルス修道院へ。
アズレージョで彩られた歴史ある修道院でしたが、なかでは地元の子供の洗礼式が行われていました。

この歴史と現代が共生しているのがヨーロッパの素敵なところです。

そして、さらに登って旧大聖堂の観光。非常に重厚なロマネスク様式の教会です。
併設されている回廊は典型的なゴシック様式の素晴らしい回廊でした。


天気も良く、柱から溢れる陽光が美しく回廊を照らしていました。

旧大聖堂からさらに丘を登って行くとついに目的地に到着。旧コインブラ大学です。

チケット売り場が私たちが到着した反対側に位置しているので、広大な敷地を横切ってチケット売り場へ。

ここの最重要観光地、図書館の入場が13:40と言われて驚き。20分ごとに60人の人数制限を行なっているからです。

13:30のバスでコインブラをでなくては行けない。なるべく早く見たいと伝えると12:00の回に入れてくれました。ラッキー。ということで団体に紛れ込んで図書館の見学。

2017年に公開された実写版映画『美女と野獣』の撮影のモデルに用いられたコインブラの図書館。


図書館の中は写真撮影は禁止だったため、写真を撮ることはできませんでしたが、とても豪華で素敵な図書館でした。

続いて、礼拝堂を訪れましたが、宗教儀式のため見学はできず。
正面の宮殿を見学しました。歴代の王様の肖像画に囲まれた広い謁見室、帽子の間の見学。
またその回廊の奥からは外に出ることが出来、コインブラの街を丘の頂上から見下ろすことが出来ました。


その風景をみるとバス停がとても遠そう。ということで、やや急いでバス停へ向かいます。

バスの出発が13:30。バスステーションには13:10に到着。
スーツケースを預かってくれたカフェでコーラを一杯。そしてバスに乗り込み、いざナザレへ!

コインブラ観光の地図とルート

ポルトガル旅行記事

旅行屋が語るポルトガルの基礎情報、魅力と旅行日程の作り方 ポルトを満喫しよう!観光の基本情報、モデルプランとオススメレストラン・ホテル コインブラの観光情報や行き方、荷物の預け場所、所要時間 ↑今ここ
ポルトガルのナザレの観光情報、コインブラとオビドスへの行き方 王妃たちが愛したオビドスの観光情報、行き方、荷物の預け場所、所要時間 リスボン、シントラ、カスカイスを満喫!観光情報と旅行記

さいごに

今回はポルトからコインブラの移動、コインブラ観光、コインブラからナザレへの移動を紹介しました。

私たちの日程とは逆にナザレ(リスボン)からコインブラへ移動、コインブラからポルトへの移動する場合でも参考になると思います。

いい旅のお手伝いができれば幸いです。

ポルトガル旅行に役立つ雑誌・本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です