人気記事&新規記事一覧はこちらから。

はてなブログからmixhost&wordpressへ移行で困ったこと、大発表!

はてなブログからワードプレスへ移行しました。
ずっと悩みに悩んでいましたが、とある理由から決心しました。

デザインやカスタマイズに制限がある

はてなブログでは多くの方々が素晴らしいテーマを作ってくれていますが、ワードプレスに比べると自由度が低いです。
悩んだ末にお引越しをすることにしました。

今回は、はてなブログからワードプレスへの移行をした際に困ったことを紹介します。
同じように移行を考えている方の参考になれば幸いです。

はてなブログからmixhost&wordoressへの移行の参考ページ

 

移行作業にはOMGさんの『絶対失敗させない!はてなブログからWordPressへの移行手順を解説!』を参考にさせていただきました。

参考 絶対失敗させない!はてなブログからWordPressへの移行手順を解説!OMGmag

ここに書いてある通りに作業すれば全く問題ありません。

こんなに役に立つ情報をシェアしてくれて、ありがとうございます!手取り足取り丁寧に教えてくれ絶対に失敗させない!と言ってくださっているのに一部失敗した間抜けは私です
どんな間抜けな失敗をしたかはまた後ほど。

はてなブログからwordpressへの移行手順

OMGさんと重複になりますが、作業の手順をご紹介。

  • 手順1
    サーバーと契約
    はてなブログのサーバーから別のサーバーにデータをおく場所を変更します。有名なのはxserverやロリポップ!レンタルサーバー、桜レンタルサーバーなど。でも私はmixhostに決めました。
    OMGさんのところでも魅力がまとめられていますが、恋に落ちるレンタルサーバーMixHostに惚れた理由も合わせてご覧ください。mixhostの特徴が徹底的に紹介されています
    参考 恋に落ちるレンタルサーバーMixHostに惚れた理由寝ログ
  • 手順2
    テストサイトでの構築
    サーバーとの契約時にもらえる無料ドメインへはてなブログのデータをインポート。本番ブログの下準備。
    はてなブログを公開したままにしておき、テストサイトをメンテナンスモードにしておきます。そうすることによって、公開しているブログに影響は出ません。
    この段階で徹底的にカスタマイズを完成させるか、基本的なデザインだけ作っておくかで移行方法が変わります。
  • 手順3
    はてなブログからmixhostにネームサーバーを変更する。
    ドメインを取得したサービスにログイン。ネームサーバーを変更します。
    ネームサーバーとはデータベースをどこから引用するかという指示のこと。今まではmoving-to-phuket.asiaにアクセスしたら、はてなブログのサーバーにあるデータを参照してね。と指示を出していました。
    ネームサーバーを変更することで、moving-to-phuket.asiaのデータはmixhostにあるデータを参照にしてね。と指定することができます。

    注意
    この変更は1クリックで終わるものではありません。8時間から12時間程度かかります。
  • 手順4
    mixhostに独自ドメインを設定&wordpressをインストールする。
    mixhostのマイページから独自ドメインの設定とwordpressのインストールを行います。
    wordpressのインストールが終了すると管理画面へのログイン情報などが記載されたメールが届きます。その情報からログインしようとしてもまだできません。はてなブログが表示されたり、アクセスできませんと言われますが、問題はありません。ネームサーバーの変更が終わるまで、アクセスできないのが普通なのです。
    一刻も早く移行したいから焦っているかもしれませんが、どうしようもないのでのんびり待ちましょう。
  • 手順5
    テストサイトから本番サイトへのデータの移行
    私にとって最も難関だったのがこの移行でした。
    まずはwordpressに最初から搭載されているインポート・エクスポートを行うとアイキャッチが移行されなかったのです。
    ということで設定全てを移行できるプラグインAll in one migrantを利用したのですが、何度行ってもファイルが破損するエラーで移行ができませんでした。最終手段FTPからの強制移動で解決しました。

テストサイトから本番サイトの移行の仕方によって、手順が変わります。

  • ワードプレス標準のインポート・エクスポートで移行する場合、最低限の移行しかできません。テストサイトでは簡単なカスタマイズを行い、本番サイトで最終的なカスタマイズを行います。
  •  All-in-One Migrantionを利用して移行する場合、全て丸ごと移行することができます。テストサイトで最後までカスタマイズして移行します。

おすすめの方法は2番目です。私はどっちつかずでやってしまったので、余計な手間がかかってしまいました。

はてなブログからテストサイトwordpressへの移行で困ったこと

httpsからhttpsへの移行

OMGさんの移行と違いはてなブログはもう独自ドメインでもSSL化に対応しています。

このSSLはサーバーに付与されているので、基本的に持ち出しはできません。
SSLというのはサーバー証明書ですので、サーバーが変われば対応できないのです。

それでも調べたところ、httpsのままでサーバーを変更する方法が紹介されているページを発見。
手順に従ってトライして見ましたがはてなブログからは出来ませんでした。

稼働中の無料SSLサイトの移転!httpsのままでサーバー移転する方法!

参考 稼働中の無料SSLサイトの移転!httpsのままでサーバー移転する方法!DEAIMOBI

Let’s Encryptの証明を発行して、所有証明をFTPでアップロードするところでつまずきます。はてなブログでFTPアップロードする手段は調べてもわかりませんでした…。

結論からいうと、はてなブログからhttpsのまま移行はできません。

移行作業をなるべく早く行い、mixhostでhttpからhttpsに対応してくれるのを待ちましょう。

パーマリンクの注意点

OMGさんのページを頼りに設定を進めていきます。

とても重要なパーマリンクの設定を行います。

私は全て標準のフォーマットで投稿していたので、パーマリンクの設定はこのように。
/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%

これをコピペして利用したのですが、結果全てのページが表示されませんでした。
個別の投稿ページに行き、urlを確認。間違いないはずなのに、なぜか表示されない。

よくよく見てみると最後にスペースが入っていました。

second% ←ここ。%の隣。

間抜けなミスです。

皆さんはそんな間抜けではないと思いますが、一応注意喚起を。

さらに間抜けなミス。

はてなブログでのパーマリンクを日時にしていたと思っていたところ、はてな様式のパーマリンクだったため、結局パーマリンクは全て変更してしまいました。

それに伴いこれまで検索で上位を占めていたキーワードは全て吹っ飛びました。1から再出発です。

必ず変更する前にパーマリンクを確認しておきましょう。

アイキャッチ・内部リンク問題

はてなブログからデータをエクスポート、wordpressにデータをインポートします。

そうすると画像は全て記事ページに貼られていますので、画像も移行できたように見えますが、実は移行はされていません。はてなフォトライブラリからデータを引っ張っています。
全てのデータをはてなブログからwordpressから引っ越すためにはもう一手間。

プラグイン:external image replaceを利用しましょう。
参考 external image replaceWordPress.org

これで全ての画像をwordpress内のメディアライブラリにコピー&画像リンクをwordpress内のメディアライブラリに変更してくれます。非常に便利ですね。

さて、画像は全部wordpress内に移行できた。しかし、確認してみるとアイキャッチがない。

自動で置き換える手段をひたすら調べましたが、うまく行きませんでした。

もうアナログに解決するしかありません。鬼作業です。

全記事を編集。1枚目の画像を削除し、アイキャッチに登録し直します。全て手作業です。

全ての記事を編集する際は合わせて内部リンクも直しておきましょう。

はてなブログのブログカード、文字列リンク、共に全て再設定が必要です。
一気に書き換えを行うプラグインSearch Regexがありますが、ブログカードや文字列リンクなどが混在していると一気に書き換えを行うとメチャクチャになってしまいます。なので全て手作業で変更します。

注意点は、テストサイトのURLを貼り直してしまうと本番サイトでまた作業が必要になってしまいます。ですので投稿IDでリンクを貼りましょう。そうすることで本番サイトへ移行しても、そのまま利用することができます。

カテゴリ編集

はてなで親カテゴリだけ利用していた人には関係ありません。
私は子カテゴリもどきを作っていたので、編集する必要がありました。

具体的にいうと『海外旅行』というカテゴリの下に『海外旅行-ポルトガル』というカテゴリを擬似的に作っていました。

しかし、wordpressに移行をするとこの『海外旅行-ポルトガル』というカテゴリも親カテゴリになってしまいます。
カテゴリの編集から親カテゴリを指定、ちゃんと子カテゴリ化をしましょう。

テストサイトから本番サイトへの移行で困ったこと

テストサイトから本番サイトへ移行するのが最も大変でした。

実際に作業するまで知らなかったのですが、アイキャッチ画像というのはwordpress標準のエクスポート・インポートでは移行が行われません。

もしテストサイトですでにアイキャッチの設定などをしていてまるごと移行したいのであれば、wordpress標準のエクスポート・インポートではなく、プラグインや外部ツールを利用しなければなりません。

手順でも述べたとおり、ここで2つの作業方法があります。

  • テストサイトでは最低限のカスタマイズを行い、アイキャッチの設定、内部リンクの設定などは本番サイト公開後に行う。
  •  テストサイトで全てカスタマイズを終わらせAll-in-One Migrantionを利用して丸ごと移行させる。

All-in-One Migrantion

参考 All-in-One MigrantionWordPress.org

しかしAll-in-One Migrantionを利用してもデータが移行できませんでした。

どうやらダウンロード中にデータが破損してしまい、アップロードしても『データが壊れています』と言われてしまします。何度やってもうまく行きません。
やや諦めムードも生まれ、はてなブログのデータを本番サイトにアップロードして、1から作業し治そうかとも悩みました。

しかし、All-in-One Migrantionのサポートを見ていると解決手段を発見。

テストサイトのバックアップデータをFTPソフトを使い、本番サイトのバックアップデータフォルダにコピー。
そして、All-in-One Migrantionのシステムを利用してバックアップを本番サイトに再生させるという手段でした。

WordPress初心者から中級者へ!FTPを使ってphpを編集しよう。

力尽くというか無理やりな手段ですね。

もう少しわかりやすく説明すると、テストサイトのデータをこっそり本番サイトにコピー。本番サイトにバックアップあるぜ!それを使って再生してくれ!とある意味、誤認させるような方法です。

とにかく、結果よければすべてよし!

さいごに

ということで、今回ははてなブログからWordpress&mixhostに移行した際に苦労した点をまとめました。

私のような間抜けなミスを犯さないようにみなさん注意してください!

反面教師になれれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です