人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

王妃たちが愛したオビドスの観光情報、行き方、荷物の預け場所、所要時間

今回はオビドスの観光情報。そして、ナザレからオビドス、オビドスからリスボンへの行き方をご紹介します。

ポルトガルの観光情報や日程の組み方はこちらの記事ををご覧ください。
旅行屋が語るポルトガルの基礎情報、魅力と旅行日程の作り方

ポルトの観光情報やモデル日程はこちらの記事ををご覧ください。
ポルトを満喫しよう!観光の基本情報、モデルプランとオススメレストラン・ホテル

コインブラの観光情報やモデル日程はこちらの記事ををご覧ください。
コインブラの観光情報や行き方、荷物の預け場所、所要時間

ナザレの観光情報やモデル日程はこちらの記事ををご覧ください。
ポルトガルのナザレの観光情報、コインブラとオビドスへの行き方

オビドスの基本情報

城塞に囲まれた村オビドスは人口800人ほどのとても小さな村です

この小さな村には1年観光客が途絶えることはありません。
なぜこれほどオビドスは有名になったのでしょうか。
それはこの小さな村の歴史に理由があります。

ポルトガル建国の父、初代ポルトガル王アフォンソ・エンリケスはイスラム教徒からこの街を取り返します。
その後、6代目ポルトガル王、ディニス1世の時代、聖女と呼ばれた王妃イザベルがこの村に魅了され、1282年にディニス王から譲り受けました。それ以来1834年まで代々の王妃の直轄地になりました。

なんと552年もの間、ポルトガル王妃の直轄地だったのです。

ちなみに王妃イザベラは慈悲深く、常日頃から国民のことを深く愛しており、数々の慈善事業を行っていました。その行為が評価され、キリスト教の聖人と認定され、コインブラの守護聖人として祀られるようになりました。

そんな王妃の村オビドスは城塞に囲まれた小さな村で、村の入り口からメイン通りを通って、村の反対側まで10分もかからずに行けてしまうくらいの大きさです。

この小さな村は中世のままの趣を残し、花で彩られた可愛らしくも歴史ある家々が立ち並んでいます。

 

オビドスの見どころ

サンタ・マリア教会

オビドスの村の中にある立派な教会です。王妃の直轄地だけあって、歴史的なエピソードには事欠きません。

教会の中の壁は美しいアズレージョで覆われているこの教会は王家の結婚式にも利用された教会です。

オビドスを囲む城塞

オビドスを囲む城塞に登るとオビドスを見下ろせるばかりでなく、周辺の風景を眺望することができます。

防衛のために丘の上に作られている村なので、周辺を広く見下ろすことができる絶景です。

結構高さがあり、最初と最後はちょっと登るのが大変かも。
そして転落防止の柵はほとんどありませんので、人とすれ違う時はご注意を。

何ヶ所か城塞に登る階段があります。途中で入れない場所もあるので城塞を下に降りずに一周することはできません。
高低差があり、低い場所からの眺望はそれほどでもないので、高い場所にある村の西側の城塞を訪れることをおすすめします。

オビドスのメイン通り、ディレイタ通り

村の入り口、ポルタ・ダ・ヴィラを通り、目に前にある通りがディレイタ通りです。このメイン通りには可愛らしい家々が連なっています。

またここオビドスの名物であるジンジーニャというさくらんぼリキュールのお店が軒を連ねています。
チョコレートのカップにこのジンジーニャを注いでもらってお酒とチョコをいっぺんに楽しむというのが、ここオビドスの名物です。
あまーいチョコレートボンボンのようなものですね。

オビドスを訪れたらぜひお試しください。

オビドスの観光モデル

それでは具体的な移動&観光順を紹介します。

ナザレ出発からオビドスへの移動、オビドス観光、オビドス出発リスボンへの移動を紹介します。

ナザレからオビドスへは直行バスがあるという情報がインターネット上で見受けられますが、調べても出て来ませんでした。ポルトガルの長距離バスの最大手Rede Expressosのサイトでも見つかりませんでした。

ですので、ナザレからオビドスへはまずオビドスの手前カルダス・ダ・ライーニャへ行き、バスかタクシーに乗り継ぎオビドスへ行きます。

ナザレからカルダス・ダ・ライーニャ行きのバスは1日10便(2018年7月)

  • 06:50-07:30
  •  09:20-10:00
  •  11:15-11:55
  • 12:20-13:00
  • 14:20-15:00 私たちが乗ったのはこの便
  • 15:10-15:50
  • 17:55-18:35
  • 18:40-19:20
  • 20:00-20:40

15:00頃カルダス・ダ・ライーニャ到着。バス停で降りて、近くのタクシー乗り場へ移動。

バス停周りは碁盤の目のようになっているので自分がどっちを向いているかわかりにくいです。
斜めに走っている道にタクシー乗り場があります。

そして、タクシーでオビドスへ。約10分くらいでオビドスに到着です。
タクシー代はメーターで8ユーロでした。

今回はコインブラの観光同様、ホテルをチェックアウトして移動中の観光なので、スーツケースを持ち歩いています。
オビドスの観光案内所で荷物を預ける場所を確認。

オビドスの村の入り口、ポルタ・ダ・ヴィラの脇にあるカフェで荷物を預かってもらいました。
お値段2ユーロ。

村の入り口、ポルタ・ダ・ヴィラからオビドスに入ります。そしてメイン通りであるディレイタ通りや路地裏、小道を通りながらサンタ・マリア教会があるサンタ・マリア広場へ。教会の見学をして、さらに村の奥へ。いまでは本屋の改装されたサンティアゴ教会やポサーダの方へと歩いて行きます。

そして、サンティアゴ教会の脇から城塞に登り、オビドスを囲む城塞をぐるっと半周。ポルタ・ダ・ヴィラの脇でまた城塞の中に降ります。

あっという間にオビドスの街を一通り回ることができます。

きっと次の移動まで時間が余るので、またディレイタ通りを散策。
そして、スーツケースを預けたカフェでちょっと休憩をしました。

このカフェからリスボン行きのバス停はすぐそばです。

オビドスからリスボンまでは直行バスがあります。
これまでお世話になったRede Expressosではなく、Rapida Verde(グリーン特急)というバスです。

平日は32本。土日祝は13本あります。

Rapida Verde(グリーン特急)の時刻表
http://www.rodotejo.pt/wp-content/uploads/rapida_linha_verde.pdf

私たちはオビドスの観光後、18:00にオビドス発のバスに乗り19:15リスボンに到着というルートを取りました。

このバス停は無人駅です。
リスボン行きのバスの乗車券はバスの車内、運転手から購入しましょう。

さいごに

オビドスは可愛らしい村です。王妃が愛したのも頷ける女性的な華やかさ、可愛らしさが特徴です。

このオビドスにあるポサーダ・カステロ・オビドスというホテルは15世紀の城を改築したホテルです。ここに泊まればまるで王妃様になったかのような体験ができます。

時間に余裕があれば、この中世の趣が色濃く残る可愛らしい村の滞在をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です