人気記事&新規記事一覧はこちらから。

なぜあなたは目標を達成できないのか。欠けているたったひとつのこと

年始に目標を立てたはいいけど、いつも達成できない。
ダイエットが3日坊主で続かない。
英単語を覚えようと勉強しているけど、全然身につかない。

今回の記事はこういう悩みを持っている人を対象に記事を書いています。

この記事を読んで実践をすると、継続的に努力が続けられるようになります。
目標を達成できるようになると自分に自信がつき、さらなる目標へと突き進んで行くことができるようになります。

逆に言えば、実現できないような目標を立てることは無意味なだけでなく、自分の自信を失ってしまうマイナス効果まで得てしまいます。まさに自分の首を自分で締めるような行為です。

自分を傷つけるような目標設定はもう二度としないように辞めましょう。

目標設定の前に必要なもの

 

それは目的です。

 

ダイエットに体重の目標設定するのはなぜでしょうか。

それは痩せて、好きな人に目を向けてもらいたいからだったり、健康になって、子供の成長を長く見守りたいからです。

 

なぜ英単語を覚えたいのか。

それは英語が喋れるようになって、ニューヨークに行って、外国人と話したいからです。

 

その目的が明らかで緊急性が強ければ強いほど、目標の達成は簡単になります。
ダイエットでも、これ以上太ったら死ぬと医者に宣告された場合と夏に水着を着たいからといって始めるダイエットでは難易度は違います。

英語学習でも、ただなんとなく英語が喋れるようになりたいと思って勉強しているのと来月からイギリスに単身赴任が決まっている人では学習に対する意欲が違います。

当たり前のことを言っていると思いますね。

でも実践できている人はごく少数。
それはなぜなのでしょうか。

実践ができないわけ

基本的に人間は苦労をしたくない生き物です。
欲望のまま何も考えずに楽に生きていきたいという本能があります。

野営の動物がなぜ飼い慣らされるのか。
それは、人間により餌を与えられ、自分で動く必要がなくなったから睡眠欲と制欲だけ満たせばいい環境におかれるからです。

人間は違うじゃないかと思うかもしれませんが、本質は一緒です。

人間は物事を考え、未来を想像できるように発達してきました。

その進歩はなんのためなのか。それはできる限り楽をするためです。

歩いたり、走ったりするのが疲れるから車輪を発明し、自分自身が動かなくてもいいように車や飛行機が発明されました。
より簡単に遠くまで見通せるようにレンズを発明し、望遠鏡やメガネを発明しました。
そして労働をしなくてもいいようになるために、ロボットやAIを開発しているのです。

それは楽をしたいという強烈な本能が人間を動かしているのです。

だから、ちょっとした目的で目標を立てても、その楽をしたい欲求に負けてしまい、途中で挫折。目標を達成できないのです。

目標を達成するために

目標を達成するためには目的を明らかにして、緊急性が高くする必要があります。
その方法はいくつかありますので、あなたのタイプによって方法を選んでください。

優秀で自尊心が強い・プライドが高いタイプ

期限を決めて、周りに公言しましょう。

あなたが持っているあらゆる人間関係やツールを用いて世界中に目的と目標と期限を発表してください。
実現できなかったら、笑われます。あなたに直接言わないとしてもきっと裏で笑われています。

『普段、あんなに自信あること言っているのに、自分で立てた目標する達成できないのか』

想像するだけで、怒りや恐怖を感じるなら緊急性が高いということです。

自分に甘いタイプで周りに何を言われても気にしないタイプ

こういうタイプの人は緊急性を持たせるのが難しいタイプです。

その場合は、強制的に目的を達成させる環境を未来に作ることです。

例えばダイエットなら、デートの日程を入れたり、健康診断の予約をしておくのです。学習であれば、その知識が必要になるアポイントや試験、出張を予約する。

そうすれば緊急性が高くなります。

共通して、して欲しいこと

また両方に共通して、して欲しいことは目的が達成できたときの成功した自分の姿を具体的に思い浮かべることです。
その想像が具体的であればあるほどいいです。

ダイエットに成功したいなら、なんとなくモテる。というのではなく、具体的に周りにいる人を想像して、その人が言いそうな褒め言葉を想像するのです。それは学校なのか、会社なのか。昼休みなのか終業後なのか。
その時の視線はどう動いて、どう自分のことを見ているのか。
実は気づいていたけど、言うタイミングを見計らっていたのか、それともさらっと気づいてすぐにいいそうな人なのか。

語学を学習している人は、ただ外国人と話している姿ではなく、いつどこで誰と話しているのかを想像しましょう。
サンフランシスコのバーで、隣に座った黒いワンピースを着た、ブロンドの女性が、あなたの隣に座ってきて、ビールを一気飲み。飲み終わった瞬間、目が合った。そこであなたが意を決して、話しかける。
彼女は数字目標がきつい上司の下で働いていて、目標が達成できずに怒られたばかり。すごい勢いで愚痴を言ってくるけど、その8割は理解できる。
適切な返事や相づちを打っているうちに連絡先を交換することができた。

これくらい具体的に想像して、毎日寝る前や移動中、少しでも時間があるときに繰り返しその想像を楽しむのです。そして、少しずつ内容も変えてみましょう。

ダイエットに成功し、服屋へ行き、好きなデザインの服を購入して、お出かけしている姿。そしてそれを褒められる自分のこと。

語学を学ぶのに成功し、華麗に転職。収入が増え、仕事帰りにちょっと洒落たバーでいっぱい飲んでいる姿。

プログラムを身につけ、自分が作りたいアプリを作成し、リリース。初ダウンロードされた時の姿。その後、ダウンロードが止まらず、ニュースになった時。

想像をどんどん発展させましょう。

なぜ想像が大切なのか

想像し続けるだけで、本当に緊急性が上がるのかどうか疑問に思うかもしれません。

先ほど紹介した、人間の本能を見返してみましょう。
人間は楽をしたい生き物です。でも楽をするための努力は惜しみません。

人が目標を立てる時、目の前にあるやらなくてはいけないことが苦労として立ちはだかっています。

でも目的をよく考えると、全ての目標は『楽になる』と言う目標なのです。

ダイエットして、異性にモテたい。
というのはお付き合いする相手を苦労せず、簡単に得たいということです。

語学を習得したい。
というのは、外国人コミュニケーションにかかるストレスを軽減したいのです。

運動が上手くなりたい。
というのは、運動するときにより簡単に予想通り体を動かせるようになりたいのです。

頭をよくしたい。
というのは、理解できないことに悩まされたくないのです。

資格を取りたいのも、海外に移住したいのも、禁煙したいのも、全てはあなたが『楽になりたい』という欲求からきているのです。

そして、あなたがした想像が『楽をしたい』という本能を満たすのに必要だと意識的無意識的に認識されるようになれば、目標を達成することが簡単になります。

目的意識を保つのに役立つ本

さいごに

正しい目的意識が目標達成に重要だということがご理解いただけたかと思います。
今あなたが本当に実現化したいこと(=目的)はなんでしょうか。
それを達成するお手伝いになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です