人気記事&新規記事一覧はこちらから。

【旅行屋が紹介】初めての海外旅行 ツアー旅行か個人旅行のどっちがいい?

初めての海外旅行を計画しているけど、ツアーに申し込んだ方がいいのか、個人で旅行した方がいいのか悩んでいる人にわかりやすくそれぞれの特徴やどっちを選んだ方がいいのかというアドバイスを書きます。

旅行屋とは

まず簡単な自己紹介をさせていただきます。
私はアフリカで生まれ、ヨーロッパで育ちました。
その後、日本に帰国し、日本の高校と大学へ通いました。
新卒後、海外旅行専門の旅行会社に入社。ツアーの企画、販売、添乗を行い、公私含めて50カ国以上を訪問。
退職後、ミャンマーやタイで旅行産業に従事してきました。
今はプーケットでゲストハウスの経営をしながら、個人で旅行の企画などの仕事を受けています。

今回は、そんな私が初めての海外旅行でパッケージツアーを使うべきか、個人旅行で行くかをアドバイスします。

パッケージツアーの特徴

パッケージツアーという名前を考えてみるとわかりやすいのですが、海外旅行をひとつのパッケージにして販売しています。

より細かく分解していくと、このようになります。

  • 海外往復航空券(空港使用税や燃油サーチャージ)
  • 現地空港着いてからの移動手段(バスや車)
  • 食事
  • ガイド
  • 各入場料
  • ホテル代

これをひとまとめにしてパッケージとして販売しているのです。
人数を集めれば集めるほど、バス1台で大きな人数を入れることができるので、一人頭のコストは下がります。
そして、航空会社にグループ割引を頼んだり、ホテルにグループ割引を頼むことでパッケージ全体の値段を下げることで旅行会社は利益をとっているのですが。

ひと昔の旅行業界用語で『アゴ・アシ・マクラ』と呼ばれるものがパッケージを端的に表しています。
アゴは食事を、アシは移動手段を、マクラは宿泊を意味しています。

最近はインターネットの発展とともに、パッケージ旅行全体は衰退傾向です。
なぜインターネットの発達で影響を受けるのでしょうか。

それは消費者とそれぞれの会社が直接コンタクトを取り合えるようになったからです。

航空券を発券するのはとても複雑なシステムを利用しており、専用の機械やソフトウェアが必要でした。それがインターネットの登場により、簡略化され、誰でも自宅で簡単にできるようになりました。
そんな状況が生まれると、航空会社は空席を埋めるために団体割引を旅行会社にする必要はなくなってきます。

各ホテルも同じです。これまで旅行先のホテルを調べるのはガイドブックが精々でした。
しかし、いまではインターネットで調べればその観光地のホテルが一覧で出てきます。
Booking.comやAgodaといったOTA(オンライントラベルエージェント)のサイトから簡単に予約することができます。

こういった背景からパッケージツアーというのはどんどん衰退傾向です。

しかし、パッケージツアーが必要なくなったものなのかというと決してそういうわけではありません。

パッケージツアーの存在意義

手間の削減

ひとつの旅行に対して、準備しなければならない、予約しなければいけない項目は山のようにあります。

航空券を予約して、ビザの確認をして、現地のホテルを調べて予約して、空港からどうやっていくのかを調べてメモをとっておき、ホテルから行きたい観光地への行き方を調べます。
パッケージツアーであれば、旅行会社の人間がその手間を全て、もしくはほとんどを代行してくれます。

現地情報の豊富さ

旅行会社の人間は旅行のプロです。
例えばホテルひとつ選ぶのに数多く選択肢がある中、そのホテルを選んだ理由があるはずです。
(値段ももちろん理由のひとつですが)

旅行会社が作った日程プランというのは、お客さんにその国を存分に楽しんでもらうために作っています。いろいろな制約がある中で、可能な限り楽しんでもらおうとプランを作成しています。その努力を怠っている会社は存続が難しい時代です。社員が現地で集めた情報が精査され、旅行日程になります。

ある意味でパッケージツアーの日程は旅行会社の社員たちの苦労の結晶と言えるでしょう。

辺境地の強さ

旅行会社には必ず現地パートナーがいます。
この現地パートナーというのは特に辺境などの変なところで力を発揮します。

なかなか公共バスが走らないところは世の中にいっぱいあります。
まだほとんど旅行者が訪れたことがなくて、どうアクセスしていいかわからない。どう観光すればいいのかわからない。
そういったところに案内してくれるのはパッケージ旅行の強みの一つです。

個人旅行の特徴

パッケージツアーの特徴でもすでに触れましたが、これまで旅行会社がパッケージとして作成、販売していたのを個人で全て手配するのが個人旅行です。
例えば、ビザが必要な国に行く際には、自分自身で大使館や領事館に行ったり、パスポートを郵送したり、インターネットで手続きする必要があります。
そして、現地での行動を自分自身で考え、決め、行動しなくてはいけません。

その代わり自分自身の自由に旅行日程を決めることができます。
昨日はちょっと疲れたから、今日はゆっくり過ごそうというのはパッケージ旅行ではできません。
気になる路地を発見、そこを歩いてみたら、現地の子供達が遊んでいる広場に出た。一緒にサッカーをした。
なんていう唯一無二の思い出。それは個人旅行でしか味わえないものです。

パッケージ旅行と個人旅行の比較

値段

パッケージ旅行と個人旅行で値段の差は出るのでしょうか。
イメージとしては、パッケージ旅行の方が安くなりそうですが、必ずしもそういうわけではありません。
旅行会社が頑張って、航空会社やホテルを割安で仕入れることができたとしても、様々な関節費用がかかります。
例えば、パッケージ旅行を宣伝している広告やツアーのパンフレットの印刷代、そして旅行会社の人間の人件費。

じゃあ、個人の方が安いのかというと決してそうとも限りません。
航空券やホテルの値段というのは日替わりで変動します。

特に航空券は1日違うだけで数万円変わることも珍しくありません。

もし値段を重視してパッケージツアーと個人旅行を比較をしたいのであれば、パッケージツアーをもとに個人旅行で日程と見積もりを自分で作成してみましょう。

旅行の目的達成の違い

もし、目的が多岐にわたるならパッケージツアーの方が楽です。

例えば、この街の美術館も行きたいし、この街の教会も行きたい。など移動が絡んだりする場合は、パッケージツアーに乗っかった方が楽です。
しかし、ビーチリゾートでゆっくりしたいなど、目的が大まかな場合は、自由に組める個人旅行の方が楽です。

団体行動が好きか嫌いか

これは非常に簡単な基準です。
パッケージツアーはその性格から、常時団体行動です。
添乗員をやっていましたが、だいたい団体に一人か二人は遅刻する人がいます。
そういうことにイライラする人はパッケージツアーは辞めましょう。
もしくはあなた自身が遅刻するタイプであれば辞めた方がいいでしょう。

個人旅行であれば、一緒に旅する相手だけ。二人で相談して、離れ離れになっても構わないのです。

結論

いろいろと述べてきましたが、結論をまとめましょう。

  • 日常生活で忙しく、手間をかけたくない人はパッケージツアーにしましょう。
    駅前にある旅行代理店へ行って、目的地のパンフレットをごそっと持ち帰り、その中で決めましょう。

JAL(日本航空)の旅行会社JAL PAKなら安心です。この中に目的に旅行先がある確認してみましょう。

もしくはインターネット業界を牽引する楽天の旅行会社部門『楽天トラベル』もオススメです。

  • 予定を自分で考えたり、下調べするのが楽しい人は個人旅行にしましょう。
    インターネットにある旅行記を調べてみたり、ガイドブックを購入して、1日ずつ予定を作って行きましょう。

次回予告

海外旅行の必需品。クレジットカードについてお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です