人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

プーケットで釣りを楽しもう!チャロンやラワイビーチからフィッシング!

南の島プーケットで釣りをしたい!
どんな釣りがあるの?どう申し込めばいいの?

そんな悩みを持った人を対象に記事を書いています。

プーケットでの釣り

プーケットで釣りという情報はとても少ないです。
簡単にまとめるとこの4種類です。

  • 大型船で宿泊しながら釣り旅行
  • 日帰り中型船でトローリング
  • 日帰り中型船でジギング
  • 日帰りロングテールボートで五目釣り

大型船で宿泊しながら釣り旅行はプーケットを出港し、シミラン諸島の方へ行きます。大掛かりですね。
本当に釣りが大好きでプーケットに釣りをしにきた人向けです。

日帰り中型船でトローリングはプーケットでは一般的な釣りツアー。海で遊ぶ延長線に釣りもあるという様子です。

グループで乗船して、釣りをする順番を決めます。
大型魚が引っかかったら、決めた順番で釣りに挑戦します。
運が悪いと順番が回ってこないことも。

釣りの合間に船でシュノーケリングしたり、綺麗なビーチに行ったり、1日船で遊ぶアクティビティの一部となっています。

日帰り中型船でジギングをする場合はあまりツアーという形では一般的ではありません。
中型船を自分たちでチャーターして沖に出ます。そして大物狙いでひたすらジギング。

私がよく行くのは日帰りロングテールボートで五目釣りです。
小さな船から釣竿を垂らし、小さい魚から中くらいの魚まで釣りたい放題。
今回は朝から晩までノンストップです。

プーケットの釣りのシーズン

基本的には通年楽しむことができるのが、プーケット。
でも、5月から11月の雨季の間は天気が崩れやすく、嵐も来る時期なので、あらかじめ準備が必要です。

また波が立つと、小さなロングテールボートだと大変なことに。
雨季に釣りをしたい人は船頭さんや天気と相談しながら、釣りへ行きましょう!

プーケットの釣りをする場所

プーケットは島なので、海に囲まれています。
だからどこでも釣りできそうです。でも、港からのアクセスのしやすさ、釣りやすいポイントなど色々あります。

プーケットの釣りの舞台は主にプーケットの南。
プーケットとラチャヤイ島やラチャノイ島周辺が釣りポイントです。

船のサイズによって出航する場所が変わります。

船のサイズが小さく、どこにでもアクセスできるロングテールボートはラワイビーチから。
大きさも重さもある中型船以上はチャロン船着場などの深さがある港から出航します。

プーケットの釣りで持って行ったほうがいいもの

常夏の島プーケット。日焼け止め対策を忘れると船の上で焼き魚ならぬ焼き釣り人のいっちょ上がりです。
屋根がついていても、一日中船にいる間の1〜2時間くらいしか太陽を遮ってくれません。
必ずご自身で日焼け対策してください。

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 長袖・長ズボン
  • 雨具
  • 弁当
  • 飲料水

釣りへ行く方法

大型船で釣り旅行トローリング、ジギングのためのボートチャーターはビーチアクティビティの一環なので、ツアー会社から申し込むことができます。
五目釣りなども頑張れば、旅行会社やツアー会社から申し込むことができますが、あまりオススメはしません。

というのも、プーケットに釣りしに来た人から聞いたのは、旅行会社経由でお願いした船頭は全くやる気がなく、魚群を探して船を動かしてくれたり、アドバイスは全くしてくれず、半日釣りをして坊主だったとか。

私がいつも一緒に行く船頭さんはなんとロングテールボートに魚群探知機をつけていて、本人が一番釣りを楽しんでいます。常に魚群を探してくれています。ということで船頭さんによる当たり外れが激しいのです。

もしその船頭さんと一緒に行きたいということであれば、お問い合わせかtwitterからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です