人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

【旅行屋が紹介】初めての海外旅行 ビザには注意!事前申請が必要な国まとめ

海外旅行の思わぬ落とし穴。それはビザです。

日本のパスポートは世界最強なんて言われます。
それはなぜかというと、ビザを免除してくれる国が非常に多いからです。
しかし、油断をしているとビザ取得や事前申請をしなくてはいけないのに、取り忘れていて、入国拒否や飛行機の搭乗拒否なんてことも。

今回はそんな見落としそうだけどとても重要なビザについて紹介します。

旅行屋とは

まず簡単な自己紹介をさせていただきます。
私はアフリカで生まれ、ヨーロッパで育ちました。
その後、日本に帰国し、日本の高校と大学へ通いました。
新卒後、海外旅行専門の旅行会社に入社。ツアーの企画、販売、添乗を行い、公私含めて50カ国以上を訪問。
退職後、ミャンマーやタイで旅行産業に従事してきました。
今はプーケットでゲストハウスの経営をしながら、個人で旅行の企画などの仕事を受けています。

今回は、そんな私が初めての海外旅行で気をつけたいビザについて紹介します。

ビザってなに?

ビザは日本語で『査証』と呼ばれているものです。
簡単にいうと国に出入国してもいいですよ。という証明です。

幸い日本人は多くの国でビザが免除されパスポートだけで出入国できるようになっています。
しかし『ビザが免除され』という点にご注目ください。
本質的には世界中に存在する全ての国はビザがないと出入国できないのです。

日本人は優遇されている?

日本のパスポートは世界で最強のパスポートと言われていることをご存知でしょうか。
それは日本人が多くの国でビザが免除されているからです。

しかし、ちょっとした罠があって、到着時に簡単に取れるアライバルビザやオンライン申請が事前に必要な国は数多くあります。それらはビザ必要な国としてはされていませんが、事前に申請手続きをしなくてはならないのです。

ビザやそれ以外の手続きが必要な国リスト

大使館に申請事前に申請が必要な国をリストアップします。(あいうえお順)

アゼルバイジャン(インターネットか到着時の申請が必要)
アフガニスタン(ビザが必要)
アメリカ合衆国(インターネット申請が必要)
アルジェリア(ビザが必要)
アンゴラ(インターネット申請が必要)
イェメン(ビザが必要)
イラク(ビザが必要)
イラン(到着時の申請が必要)
インド(インターネット申請が必要)
ウガンダ(到着時の申請が必要)
エジプト(到着時の申請が必要)
エチオピア(到着時の申請が必要)
エルトリア(ビザが必要)
オーストラリア(インターネット申請が必要)
オマーン(到着時の申請が必要)
ガーナ(ビザが必要)
カーボベルデ(到着時の申請が必要)
カナダ(インターネット申請が必要)
ガボン(到着時の申請が必要)
カメルーン(ビザが必要)
ガンビア(ビザが必要)
カンボジア(インターネット申請が必要)
ギニア(ビザが必要)
ギニアビサウ((到着時の申請が必要)
キューバ(ビザは必要)
クウェート(到着時の申請が必要)
ケニア(到着時の申請が必要)
コートジボワール(インターネットか到着時の申請が必要)
コモロ共和国(到着時申請が必要)
コンゴ(ビザが必要)
コンゴ共和国(ビザが必要)
サウジアラビア(ビザが必要)
サモア(到着時の申請が必要)
ザンビア(到着時の申請が必要)
シエラレオネ(ビザが必要)
ジプチ(到着時の申請が必要)
シリア(ビザが必要)
ジンバブエ(到着時の申請が必要)
スーダン(ビザが必要)
スリランカ(インターネット申請が必要)
セーシェル(到着時の申請が必要)
ソマリア(到着時の申請が必要)
ソロモン諸島(到着時の申請が必要)
タジキスタン(到着時の申請が必要)
タンザニア(到着時の申請が必要)
チャド共和国(ビザ必要)
ツバル(到着時の申請が必要)
トーゴ(到着時の申請が必要)
トルクメニスタン(ビザが必要)
トンガ(到着時の申請が必要)
ナイジェリア(ビザが必要)
ナウル(ビザが必要)
ニジェール(ビザが必要)
ネパール(到着時の申請が必要)
バーレーン(到着時の申請が必要)
パキスタン(ビザが必要)
パプアニューギニア(到着時の申請が必要)
パラオ(到着時の申請が必要)
バングラデッシュ(到着時の申請が必要)
ブータン(ビザが必要)
ブラジル(インターネット申請が必要)
ブルキナファソ(ビザが必要)
ブルンジ(ビザは必要)
ベナン(インターネットか到着時の申請が必要)
マーシャル諸島(到着時の申請が必要)
マダガスカル(到着時の申請が必要)
マラウィ(到着時の申請が必要)
マリ(ビザが必要)
ミャンマー(インターネット申請が必要)
モーリタニア(到着時の申請が必要)
モザンビーク(到着時の申請が必要)
モルディブ(到着時の申請が必要)
ヨルダン(到着時の申請が必要)
リビア(ビザが必要)
リベリア(ビザが必要)
ルワンダ(到着時の申請が必要)
レバノン(到着時の申請が必要)
ロシア(ビザが必要)
赤道ギニア(ビザが必要)
中央アフリカ共和国(ビザが必要)
東ティモール(到着時の申請が必要)
南スーダン(ビザが必要)
北朝鮮(ビザが必要)

注意が必要な国・ハマりやすい国

基本的に中近東・アフリカへ行く時は注意が必要です。
それ以外で罠にハマりやすいのは身近な国で事前にインターネット申請が必要な場合です。

  • アメリカ
  • インド
  • オーストラリア
  • カナダ
  • カンボジア
  • スリランカ

この辺りが要注意です。

ビザを持っていない場合どうなるか

基本的には飛行機に乗らせてくれません。空港でチェックインするときに拒否されます。もし乗れたとしても、空港で入国拒否されます。

面白いルールがあって、現地空港で入国拒否された場合、原則同じ飛行国乗らなくてはいけません。そして当然ですが、無料ではありません。

決して安くない正規料金を払って帰らなければなりません。

パッケージツアーいいところ

パッケージツアーはビザの取得代行も行ってくれます。
不安な方はパッケージツアーに申し込むとビザ関係の心配はそれほどしなくてもよくなります。

【旅行屋が紹介】初めての海外旅行 ツアー旅行か個人旅行のどっちがいい?

まとめ

初めての海外旅行の際には必ず渡航先のビザ情報を確認しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です