人気記事&新規記事一覧はこちらから。

プーケット(タイ)の通貨『バーツ(Baht)』について

プーケットがあるタイの通貨はバーツといいます。
今回はそんなバーツについてご紹介します。

バーツの基礎情報

まずはバーツの基本的な情報について。
基本的にバーツを3倍すると日本円になると覚えておいてください。

100バーツ=300円  500バーツ=1500円

日によってレートが変動するので、それより多い時も少ない時もありますが、この辺りを変動しています。
これだとパッと計算しやすいので便利です。

バーツには1000バーツ紙幣、500バーツ紙幣、100バーツ紙幣、50バーツ紙幣、20バーツ紙幣の5種類の紙幣。
そして、10バーツコイン、5バーツコイン、2バーツコイン、1バーツコイン、50サタンコイン、25サタンコインの6種類のコインがあります。

MEMO
サタンというのは小数点以下。0.5バーツや0.25バーツと表記されます。
米ドルやユーロのセントと同じようなものです。

紙幣の種類

現在、紙幣は3種類あります。
前国王の旧札、前国王の新札、現国王の新札です。
それぞれちょっとずつデザインが違います。

最も流通しているのは前国王の新札です。2枚目の画像です。


あわせて読みたい

プーケットの旅行に役立つ観光情報を一挙に紹介。基本情報からおすすめのエリアやホテル、レストラン、アクティビティなど観光情報全般を紹介しています。

>>このページを読む<<

偽札に注意!…できるかな?

タイでは年に一度くらいの頻度で、偽札が出回っているので注意しようなんていう新聞記事が出ます。
手ざわりや印刷に多少違いがあるようですが、毎日使っている人たちはともかく、旅行に来てちょっと使うだけの人には違いはわかりません。

偽札を偽札と知っていながら、利用するのは犯罪に加担する行為ですが、知らず知らずに使ってしまうことは犯罪にはなりません。

なお、両替所はかなり厳しくチェックしているので、ちゃんとした両替所で偽札をつかまされることは基本的にないと思って大丈夫です。
そして、最も偽札が多いのが高額紙幣の1000バーツ紙幣です。
1000バーツは最も大きな紙幣なので、両替所以外であなたの手元に来ることはありません。

日本でもお釣りで1万円が戻って来ることはありませんね。
だから、あまり気にしすぎないでいいと思います。

以上がプーケット(タイ)の通貨であるバーツについてでした。
ぜひプーケットを訪れる際にはバーツの基礎情報について、事前に知っていてくださいね!

【2018年・夏版】プーケットで両替するならバリュープラス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です