人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

海外移住での仕事の種類と探し方。渡航前と渡航後の就職活動。

海外移住したいけど、仕事はどうすればいい?
どんな仕事があるの?どうやって就職活動すればいい?

そんな疑問に答えます。

海外移住をしようと考えたときに気になるのは仕事。
どこから仕事を探せばいいのか、どうやって就職活動をすればいいのか。悩まれると思います。

この記事を読むと、海外移住するときの仕事の見つけ方がわかり、心配なく海外移住ができるようになります。

海外移住後の仕事の概要

一言で海外移住といっても様々な海外移住のタイプがあり、仕事も様々。
まずは全体像を掴んで、自分の海外移住のタイプを考えましょう。

海外移住に関するお仕事を分類するとこの4つです。

  • 日本の企業から派遣される駐在員
  • 海外の日系企業の現地採用
  • 海外の現地企業(外資企業)の現地採用
  • 日本の企業から仕事を受けるフリーランス

日本の企業から派遣される駐在員

海外に住む日本人で最も多いのはこのケースです。

この場合、自分の行きたい国で事業を展開している・展開を考えている企業への転職を日本で行います。
そして、入社後に海外に派遣されるという移住の仕方です。

メリット

給料が日本の水準で決まるので、ほかのケースより給料が高いケースが多いです。
また家賃補助などの福利厚生も充実。最も安定的な海外移住です。

デメリット

業種の経験だったり、その国の経験だったりが求められ、就職の難易度が高い。
駐在期間が限定的。あくまでも日本の会社員的な労働体系。

海外の日系企業の現地採用

海外に進出している日系企業に現地採用枠で就職する形です

この場合は国の選択は広がります。
というのも日本企業は驚くほど多くの国に展開しています。
ですので、大抵の国には日系企業があります。そこで仕事を得るという移住の仕方です。

メリット

好きな国から選べる。基本的には期間を自分で決めることができる。
現地の雇用形態になるので、駐在員ほどハードワークは求められない。

デメリット

給料が現地水準なので、同じ職場の駐在員と比べると安くなる。
現地ならではの仕事を求められるため、言語が必要になるケースも多い。社内の出世は限定的。

海外の現地企業(外資企業)の現地採用

海外の現地企業や外資企業といっても、ピンからキリまで
最も多いケースはホテルや旅行会社へ就職するパターンです。
日本人のお客様の対応やマーケティング要員としての採用です。

しかし、それにこだわる必要はありません。
これまでの経験だったり、進んで行きたい未来の方向などで、自由に就職活動をすることができます。

その経験や方向性によっては、世界を代表する企業に入り、金銭的な成功を目指すこともできます。もしくは経験を活かして、最低限の労力で生活に必要なだけ稼ぎ、のんびり生きていくことも可能です。

メリット

全てが自由です。
世界の第一線を切り開いていくのか、のんびり生きていくのか。
あなたが決定して歩んでいきます。

デメリット

どんな道を選ぶにせよ、雇用主は外国人になります。
最低限のコミュニケーションだけでなく、給料交渉や仕事のアピールなど、総合的なコミュニケーション能力が必要になります。

日本の企業から仕事を受けるフリーランス

インターネットの進化とともに最近増えてきた移住スタイルです。
最も自由にいきていくことができる形です。
仕事は日本企業から受けますので、報酬は日本の水準で、得ることができます。
インターネット環境さえあれば、どこでも仕事ができますので、移住はもちろん、旅をしながらお金を稼ぎ続けることができます。今はランサーズなど企業とフリーランスをつなぐサービスが登場。フリーランスがより仕事を得やすい環境になってきました。

メリット

何にも縛られることがない最も自由な移住スタイル。

デメリット

クライアントの仕事次第なので不安定。
フリーランスで仕事をもらい続けられる能力や技術、そして営業、マーケティングが必要。



海外移住後の仕事。日本で見つける?現地で見つける?

日本の企業から派遣される駐在員

この場合は、言うまでもなく日本での就職活動・転職活動が必要です。
リクナビNextなどの転職活動サイトを利用して企業情報を探しましょう。

 

海外の日系企業の現地採用

この場合、日本で見つけることも可能ですし、現地での転職活動も可能です。
日本人が多少いる国であれば、日系の人材派遣会社、人材仲介会社、転職エージェントがいます。そういった会社を探し、問い合わせてみましょう。

しかし、表に出てこない求人というのも存在します。

私がいたミャンマーでは、多くの日系企業が現地採用の日本人を探していましたが、フリーな状態でミャンマーに移住する日本人は多くなく、エージェントもないので、非常に困っていました。
ミャンマーに移住したいという知人をある日本を代表する金融機関を紹介したところ、簡単な面接だけで採用されました。
これまで金融の経験など一切ないのも関わらずです。

そういった情報は実際に現地へ行ってみないと手に入れることはできません。
移住前に一度、旅行として訪れてみて、日本人社会に触れてみましょう。

海外の現地企業(外資企業)の現地採用

この場合も転職活動は日本でも開始できますし、現地で行うことも可能です。
海外ではLinkedinというビジネス特化型のSNSが一般的に利用されています。
このLinkedinに登録、自分自身の経歴や能力をまとめておきましょう。

カテゴリや国別から外国人の募集を調べることができます。
あなたの経歴が素晴らしいもので、積極的にアピールできる人であれば、向こうからヘッドハンティングされることも珍しくはありません。

ホテルや旅行会社でも日本からの就職活動も可能です。
好きな国や地域での日本人を対象にしていそうなホテルや旅行会社を探し、求人ページを探しましょう。
もし求人ページがなかったとしても日本人の応募をしているかどうかメールしてみましょう。
それくらいの押しの強さは海外移住には必要ですよ。

あとは現地で就職活動。
参考にならないかもしれませんが、私はミャンマーに移住したときの最初の仕事は狙った企業一本釣り。SNSなどを利用して現地企業の社長の連絡先を調べ、日本人を雇うとこんなメリットがあると一方的にダイレクトメールを送りました。

日本の企業から仕事を受けるフリーランス

この場合は、海外に移住する前にフリーランス的に仕事をいくつか受けてみましょう。

coconala.com

このココナラに登録すると、今すぐフリーランス的な仕事、副業を始めることができます。ライターなどの仕事、1記事からお仕事がたくさんあります。

まずは実際にランサーズで仕事受けてみましょう。そこからフリーランスとしてやっていけそうなのかどうか、様子をみます。そして、もしいけそうだと思ったら、専業フリーランスとして海外移住をしてみましょう。

フリーランスの移住に相性がいいのは、物価が安い国です。

なぜなら、物価が安いため日本より生活コストがかかりません。
ちょっと少ない収入であっても暮らして行くことが可能なのです。

とはいえ、まずは収入が得られるようになってから海外移住した方がいいと思います。



さいごに

生きて行く以上、お金は大事です。
そしてそのお金を得るための仕事も大事です。
ただし、その『仕事』のために生きるというのは本末転倒です。

楽しい人生を生きていくためにお金や仕事が重要なのです。

まずはあなたにとっての楽しい人生をしっかりと夢見て、そこからどんな仕事がいいか考えてみましょう。
その検討の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です