人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

プーケットの買い物情報まとめ!2大ショッピングモールとローカルスーパーの紹介

プーケットの買い物情報まとめ

旅行の楽しみのひとつお買い物!
でもいったいどこへいけばいいのかわからない人も多いと思います。
そんな悩みに応える記事です。

この記事を読むことで、プーケットでのお買い物情報には困りません。
なお、行き方はプーケットの中心地パトンビーチからの行き方を紹介しています。
他のエリアからの行き方を知りたい方はお気軽にTwitter(@phuket-bear)までお問い合わせください!

プーケットの2大ショッピングモール

Jungceylon(ジャンクセイロン)

Jungceylon

Jungceylon(ジャンクセイロン)の概要

プーケットの繁華街パトンビーチにあるショッピングモールです。
あらゆるお買い物に対応しています。

大きく3つのエリアに分かれています。

jungceylon見取り図
青枠で囲ったところがバングラ通り近くの正面玄関がある建物。
赤枠が中庭。
黄枠が中庭を挟んだ奥にある2つ目の建物です。

青枠は主にアパレル関係が中心です。
他にはスポーツ関係のショップがあったり、iPhoneショップ(オフィシャルではない)があります。
地下にはフードコートがありますが、一等地にあるため、やや割高。
あまりオススメはしません。

赤枠の中庭はレストランが立ち並びます。
ファーストフード(マクドナルドやバーガーキング)、他にはイタリアンが3軒、和食レストランもあります。
なんとやよい軒もここに出店しています。

黄枠はBig-C(ビッグシー)という巨大なスーパーを中心に、あらゆるテナントが入っています。
メガネ・コンタクトショップがあるので、私はコンタクトレンズをここで購入しています。
3階は電気街。通信会社3社(Dtac、True、AIS)だけでなく携帯の修理やアクセサリの販売など。

とても巨大なショッピングモールなので、プーケット滞在中に一度は訪れてみてください。

Jungceylon(ジャンクセイロン)の行き方

場所はプーケット最大の繁華街パトンビーチの中心地。とてもわかりやすい場所にあります。
パトンビーチに滞在している場合は基本的に徒歩圏内です。

Jungceylon (ジャンクセイロン)
住所:181 Rat-u-thit 200 Pee Road Patong
営業時間:11:00〜22:00

Central Festival(セントラル・フェスティバル)

central festival phuket

Central Festival(セントラル・フェスティバル)の概要

地下2階+地上4階というプーケット最大のショッピングモール『セントラル・フェスティバル』。
ここもまたあらゆるお買い物に対応しています。150以上のテナントが入っています。
そして、最上階には映画館(シネマコンプレックス)まであります。

お客さんのほとんどはタイ人で観光客をあまり対象にしていないからか、ジャンクセイロンと比べると高級な雰囲気とイメージです。高級ブランドなどが軒を連ねているので、タイっぽいお土産を買いたい!という人は行かないほうがいいかもしれません。

ここの1階にあるスーパーマーケットは外国製品も多く、日本食関係はプーケット一の品揃えです。

レストランは、日本食の『FUJI』『ZEN』『YAYOI』『SUKISHI』『8番ラーメン』。
その他『シズラー』『MKスキ』『ブラックキャニオン』『SP』『ピザカンパニー』、3階にはフードコートもあります。カフェは各階に点在しています。

ファション系の海外ブランドはカジュアル系が多く『ZARA』『GUESS』『LIPCURL』など。
また2階にはアジアの雑貨を集めたコーナーがあり、銀食器や可愛らしい雑貨、タイシルク製品など、見るだけでも楽しいショップが並んでいます。
1階にはタイシルクの『ジム・トンプソン』、高級アロマショップ『TAAN』、『スワロフスキー』などもあります。

もしプーケットに長期滞在するということであれば、ぜひ1度訪れてみてください。

Central Festival(セントラル・フェスティバル)の行き方

パトンビーチからのアクセスはローカルバスがおすすめです。
パトンビーチのビーチ通りからプーケットタウンへ向かうローカルバスが30分に1度出ています。
このバスに乗れば、途中セントラル・フェスティバルの目の前で停車します。

バスのルートはこちら。途中Central Festivalと書いてあるバス停で止まります。

MEMO
ローカルバスに乗りたいときは手を挙げれば止まってくれます。
明確なバス停というのは始発点と終点だけです。なので、待っているだけでは止まってくれないのご注意を。

Central Festival (セントラル・フェスティバル)
住所:74-75 Wichitsongkran Road, Phuket City
営業時間:10:30〜22:00

プーケットのローカルスーパー

さて、これまではプーケットにあるショッピングモールを紹介してきました。
色々なお買い物がまとめてできるのでがショッピングモールの利点です。
でも、ある程度決まり切ったものしかないのがショッピングモールの残念なところ。
もっとタイっぽくてローカルなもの、日本ではみられない変なものが欲しいときはローカルのスーパーへ行ってみましょう。

Big-C(ビッグシー)

BigC-Phuket

先ほどJungceylon(ジャンクセイロン)の紹介でもすこし触れたBig-Cはタイ全土に広がるスーパーチェーンです。
食べ物だけでなく、服や家電、家具など様々な品揃えを揃えています。

わかりやすくいうと日本の田舎にあるイオンモールです。
生活必需品は一通り揃っており、またタイっぽいものもたくさん売っています。

Big-C(ビッグシー)は、プーケット全土に計3店舗あります。
Jungceylon(ジャンクセイロン)の中に1店舗。
Central Festival(セントラル・フェスティバル)の裏に1店舗。
カマラに1店舗あります。

もっとも大きな店舗がCentral Festival(セントラル・フェスティバル)の裏、そして次がJungceylonで小さい店舗がカマラです。どこもとてもわかりやすい場所にありますので、アクセスは簡単です。

Big-C (ビッグシー)
営業時間:店舗によって異なる。
Jungceylon(ジャンクセイロン) 10:00〜0:00
Central Festival(セントラル・フェスティバル)の裏 9:00〜23:00
カマラ 8:00~2:00

Tesco Lotus(テスコ・ロータス)

Tesco Lotus(テスコ・ロータス)もまたタイ全土に広がるチェーン店。
こちらはより小さなお店でプーケット各地に店舗を構えています。

日本で例えるのが難しいのですが、コンビニ並みに展開しているスーパーです。
まさに生活密着なスーパーなのでタイらしい調味料やインスタント麺などを探している方におすすめです。

実はパトンビーチには出店していません。家賃が高いからかなぁなんて思っています。
パトンビーチに滞在しているのであれば、先ほど紹介したBig-C(ビッグシー)で十分かと思います。
他のエリアに滞在している方はそこら中にあるので、google mapで近くの店舗を探してみてください。

SuperCheap(スーパーチープ)

super-cheap-phuket

これまで紹介したスーパーとは違い、プーケット限定のスーパーがこちらのSuperCheap(スーパーチープ)
いいネーミングですよね!カクヤスと似た香りがします。

このスーパーチープはなかなか面白い展開の仕方をしていまして、スーパー巨大なSuperCheap(スーパーチープ)本店があり、コンビニ的なサイズの小さな支店がプーケット中に広がっています。

本店の巨大さは他に類を見ない大きさです。
多分最初に紹介したショッピングモールより広い敷地面積を誇ると思います。
そんなスーパー巨大な敷地に大きな倉庫が建っていてその全体がスーパーになっています。

迷子になるし、ぐるっと回るだけで簡単に半日潰れてしまいます。
とにかく巨大!そして安い!

場所はプーケットタウンの北に位置しています。
車やバイクがないと行くことはできませんが、もしレンタカーやレンタルバイクをお持ちでしたら、1度は訪れてみてください。その巨大さに驚くと思います。

SuperCheap(スーパーチープ)本店
住所:46/5 Thepkrasattri Rd., Muang,
営業時間:5:00〜22:00

Makro(マクロ)

プーケットの業務用スーパーMakro(マクロ)。
コストコのような倉庫型スーパーです。
業務用スーパーですが、もちろん個人でお買い物もすることができます。

肉類や野菜、魚介類が充実しています。その他、調味料から冷凍食品など食材に関してここで手に入らないものはあまりないというくらいです。
ここはタイっぽいお土産を買うというより、長期滞在や在住の人、お店をやっている人が買い物をする場所です。

プーケット全体には5店舗あり、パトンビーチにもありますが、Central Festival(セントラル・フェスティバル)の斜め向かいにある店舗がプーケット最大の店舗。パトンビーチの店舗ではなく、こちらをぜひ訪れて欲しいです。

Makro(マクロ)Kathu支店
住所: 77 Moo 5, Tumbol Vichit, Amphur Muang Phuket, Phuket 83000
営業時間:6:00〜23:00

Villa Market(ヴィラマーケット)

villa market

Villa Market(ヴィラマーケット)はこれまでと毛色が違ったスーパーです。
日本でいうなら『成城石井』です。輸入食材が中心で、高級なスーパーです

オーガニックな野菜、他では手に入らない海外のチーズ、神戸牛やオージービーフなどが販売されています。

とてもオシャレで素敵なスーパーなのですが、その分値段も大変素敵なことになっています。
基本的に高いです。
でも、ここでしか手に入らないものがたくさんあるので、買うものを決めていきます。
特に私たち夫婦はここでヨーグルトを買うようにしています。あとはドクターペッパーとか。
多分プーケットでドクターペッパーを買えるのはここだけだと思います。

店舗は全部で3軒。
バンタオビーチ(ラグーナ)のボートアベニュー店。
チャロンサークルにあるチャロン店。
そしてボートアベニュー店。

パトンビーチから行くのであれば、スマートバスに乗って、バンタオビーチ(ラグーナ)のボートアベニュー店へ行くのが最も簡単な行き方です。

スマートバスについてはこちらの記事をご参照ください。

Villa Market ボートアベニュー店
住所:49/13 Bandon-Cherngtalay Rd Cherngtalay Phuket 83110
営業時間: 10:00〜22:00

コンビニ

プーケットには数多くのセブンイレブンとファミリーマートがあります。
コンビニと侮るなかれ、タイ限定品が数多く揃っています。

もし手軽に、タイっぽいものを購入したいのであれば、ぜひコンビニに行ってみましょう!

プーケットのウィークエンドマーケット・ナイトマーケット

プーケットタウン・オールドタウンマーケット

プーケットにはいくつかのウィークエンドマーケット・ナイトマーケットがあります。

  • プーケットを代表するウィークエンド・ナイトマーケットであるナカ・マーケット
  • インスタ映えする旧市街で行われるプーケットオールドタウンマーケット
  • そしてタイの若い子たちに人気のシルヴァ・マーケット

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

プーケットのウィークエンド&ナイトマーケット3つの紹介

プーケットのコスメ関係

Lemongrass House(レモングラス・ハウス)

lemongrass house surin

プーケットのお土産として人気なスパグッズショップといえばLemongrass House(レモングラス・ハウス)。
現在30カ国以上で販売されるほど世界展開をすすめていますが、その生産は全てプーケットで行われています。
アロマオイルやソープ、クリームなどボディケア製品やハーブティーが人気です。

しかしその店舗は結構不便なところにあります。
本店も支店もプーケットの北、スリンビーチの近くにあります。
本店は、周りになにもない田舎にあるのですが、支店はもう少し便利で、スリンビーチの目の前にあります。

本店は車やバイクがないと行くことはできませんが、ビーチ前の支店ならビーチを巡るスマートバスで行くことができます。スマートバスの乗り方はこちらの記事をご参照ください。

Lemongrass House(レモングラス・ハウス)スリン支店
住所:Choeng Thale, タラーン プーケット 83110
営業時間:9:00〜22:00

プーケットのホームセンター

ここからは旅行者向けではなく、在住者向けの情報になります。
旅行の人も、こんなお店があるんだなぁと思っていただければ幸いです。

Home Pro(ホームプロ)

HomePro

プーケットのホームセンターといえばHome Pro(ホームプロ)です。
あらゆる家電や家具、工具やペンキなどが揃います。

Home Pro(ホームプロ)はタイ全土にチェーン展開していますので、もしプーケットにない場合もバンコクからすぐに取り寄せてくれます。

タイのホームセンターといえばHome Pro(ホームプロ)です!

プーケットには3店舗あります。
1店舗はCentral Festival(セントラル・フェスティバル)の北
1店舗はチャロンサークル。先ほど紹介したVilla Market(ヴィラマーケット)と同じ敷地内
1店舗は空港の近く

プーケットに西海岸に住んでいるのであれば、チャロンサークルの店舗が。
KathuやPhuket Townに住んでいるのであれば、Central Festival(セントラル・フェスティバル)の北の店舗が便利です。


Home Pro(ホームプロ)
営業時間:どの店舗も共通
9:00〜21:00 

Home Works(ホームワークス)

Central Festival (セントラル・フェスティバル)からバイパス通りを挟んだ向かいにあるのがこのHome Works(ホームワークス)です。

Central Festival (セントラル・フェスティバル)とは空中回廊で繋がっています。写真をご覧いただいても分かる通り、Central Festival (セントラル・フェスティバル)の名前が書いてありますね。別館に当たる建物というわけです。

品揃えはややHome Pro(ホームプロ)に劣るかなぁという感じです。
しかし、ここにしかない家具や道具があるので、Home Pro(ホームプロ)を見て、納得いかない時に訪れてみるといいと思います。

Home Works(ホームワークス)
住所:9 Moo 5 T., Wichit, Mueang Phuket District, Phuket 83000
営業時間:10:00〜21:00

プーケットの家具屋

IKEA(イケア)

ikea phuket

こんなところにもIKEAが進出しているのです!
プーケットに来て、IKEAを見たとき結構驚きました。

ただここのIKEAは注文センターのような扱い。
ごく一部の家具が現場でも販売されていますが、基本的にはここからバンコクの本店に注文をして発送をしてもらうという形になっています。

世界中のIKEAのビジネスモデルと共通で家具そのものは安いのですが、発送等や組み立てを含めるとやや高くなる印象です。

でも、やっぱり安定したオシャレさがIKEAの強み。北欧家具のあのシンプルなかわいらしさが好きな方にはオススメの家具屋です。

IKEA Pick-up & Order Phuket
住所:Bypass Biztown 180 Moo 5 Chalermprakiat Ratchakarn Thi 9 Road, Ratsada, Amphoe Mueang Phuket
営業時間:10:00〜21:00

Index Living(インデックス・リビング)

indexliving

もし値段を抑えて、でもオシャレな家具が欲しいということであれば、オススメはIndex Living(インデックス・リビング)です。

ここでは、タイの現地価格で、シンプルなデザインの家具を取り揃えています。

東南アジアのデザインは結構自己主張が強いです。他の家具や内装となかなか合わせづらいなぁという思うこともしばしば。でもここのデザインは白や黒などのモノトーンを基調として落ち着いた色使い。使い勝手がいいデザイン性を保っています。

家具だけでなく、台所用品も揃っています。もし、プーケットで新生活を始める人にはぜひ訪れて欲しいお店です。

Index Living(インデックス・リビング)
住所:Soi Chaloem Phrakiat, Tambon Wichit, อำเภอเมือง Chang Wat Phuket 83000
営業時間:10:00〜20:00

SB Design Square(SBデザインスクエア)

sb design square

デザインスクエアというだけあって、とてもバラエティ豊かな家具を取り揃えている家具屋です。
数え切れないほどのモデルルームがあり、そのそれぞれが違ったテイストでデザインされています。

シックな大人向けの寝室だったり、子供向けの寝室だったり、ガーリーな雰囲気だったり、ボーイッシュな雰囲気だったり。巨大な建物の全てがモデルルームになっているので、必ずお好みのデザインが見つかるはずです。

ただ家具付きの物件が多いタイ(プーケット)で一から家具を揃えることは早々ありません。
家を新築した時くらいでしょうか。

とても目の保養になり、面白いのですが、私自身ここでお買い物したことはありません。

SB Design Square(SBデザインスクエア)
住所:Soi Chaloem Phrakiat, Tambon Wichit, อำเภอเมือง Chang Wat Phuket 83000
営業時間:10:00〜21:00

Jasmine Furniture Center(ジャスミン・ファーニチャー・センター)

最後に紹介する家具屋Jasmineはとにかく安い家具をお探しの人にオススメの家具屋です。
最もタイローカルで、最も安い家具屋です。
さらに、頑張れば値段交渉も可能です。

ただ先ほども軽く触れたとおり、なかなか自己主張の強い家具が揃っています。
でも値段が最も安い家具屋なので私も何回かここで家具を購入したことがあります。

配送や設置も無料で行ってくれますので、もし相性がいい家具が見つかれば、いいお買い物ができるはずです。

Jasmine Furniture Center(ジャスミン・ファーニチャー・センター)
住所:Soi Chaloem Phrakiat, Tambon Wichit, อำเภอเมือง Chang Wat Phuket 83000
営業時間:9:00〜19:00

役立つリンク

プーケットだけでなくタイ全体として、お買い物の際に重要になるのは値段交渉(値引き交渉)です。
そんな時に役立つ情報をまとめました。

【在住者が教える】タイでの値段交渉の仕方 基本とテクニック

お買い物と同じように旅行の楽しみである食事。パトンビーチを中心に私のおすすめレストランを紹介しています。
よかったらご覧ください。

【これを読めばOK】在住者が選ぶパトンのおすすめレストラン徹底紹介

今回の記事から、このブログに来た人はぜひプーケットの観光情報をまとめたこのページをご覧ください。

プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

さいごに

プーケットのお買い物情報を一挙にまとめてみました。
と言っても今回の情報は大まかにざっくりとした紹介です。

今後よりディープなショップやお土産情報などを紹介していきたいと思います。
よかったら合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です