人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

プーケット一人旅の楽しみ方!男性編

今回は男性に向けてプーケット一人旅に楽しみ方をご紹介します。

私自身、一人旅が好きで独身時代は連休を使ってふらふらと海外旅行へ一人で行っていました。しかし、どれだけ旅行しようとも私でも初めて行く国は楽しみ半分不安半分。

不安と言っても治安が怖いとかトラブルが怖いという不安ではありません。一人で旅行を楽しむことができるか。十分な情報を得ているのか。行くべきところを見落としていないのか。そんな不安です。

もしかしてプーケット一人旅を考えていて同じような不安を持っている男性に向けて今回の記事を書いていきます。この記事を読むと、どうやってプーケットを満喫したらいいのかわかり、一人旅を楽しむことができます。

今回あえて男性編と女性編を分けていますが、両方合わせてご覧いただけるとより役に立つと思います。

プーケット一人旅の楽しみ方女性編プーケット一人旅の楽しみ方!女性編!

それでは詳しく説明していきますね

プーケット一人旅のテーマ・男性編

まずは男性のプーケット一人旅のテーマを定義します。

それは『冒険・交流・夜遊び』です。

プーケットで冒険をしよう!

プーケットに来たら、普段はできない様々なことに挑戦しましょう!
ジャングルへ観光へ行くことだけが冒険ではありません。新しいことに挑戦するのも冒険です。

プーケットでサーフィンを始めてみよう

プーケットは波が穏やかでローカルも優しいため、サーフィンを始めるのにはうってつけです!
特にカタビーチにはたくさんのサーフボードレンタル屋が軒を連ねていて、ボードのレンタルはもちろん簡単なレッスンもお願いすることができます。

水着とタオルだけ準備して、あとは手ぶらで行くことができます。そこでビーチボーイやサーファーの人たちと交流するのもサーフィンの楽しさの一つです。

詳しくは過去記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。
初心者から中級者が海外でサーフィンするならプーケットがおすすめ

プーケットでムエタイ体験

タイの国技といえば格闘技ムエタイ!プーケットにはそんなムエタイのジムがたくさんあります。

私が経営しているゲストハウスでもムエタイ留学しに来ている欧米人が長期滞在して、毎日ジムに通っている人もいます。そこまでストイックに本気じゃなくても、各ジムは1日体験も受け入れています。

パトンビーチではムエタイの試合観戦も行われています。試合を観戦して、その熱気に触れたら、自分でもムエタイを体験してみましょう!

プーケットでバイクをレンタルして島を巡ってみよう

日差しの強い南の島の海沿いをバイクで走るのは、まさに一人旅を楽しんでいる!って感じます。常夏の島なので、バイクに乗っていて風が冷たいということはありません。海沿いの道でビーチを片目に走るのも素敵ですが、丘を登って頂上にたどり着いた瞬間に広がる森と街と海のパノラマは最高です。

プーケットは交通の便がよくなく、タクシーなどがとても高いため、実利的な面でもレンタルバイクはオススメです。チャロンの山の上にそびえ立つ『ビッグブッダ』や日没が美しい『プロンテップ岬』には公共交通機関がないので、バイクや車でしか行けません。とりあえずはそこを目的地に走ってみましょう!

こちらも詳しくは過去記事をご覧ください。

【必読】プーケットのレンタルバイクの借り方と注意点

プーケットで交流しよう!

一人旅の醍醐味は、旅行先で違う国から来た旅行者や現地の人と仲良くなることです。どれだけ美しい風景を見たとしても、出会った人の印象によって、その旅が楽しかったのかどうかは左右されます。

英語に自信がなくても大丈夫です!プーケットは世界中から人が訪れるので向こうも英語が苦手だったりします。でもお互い英語が苦手同士の方が意外と通じるものです。

イギリス人やアメリカ人などの英語が母国語の人たちは求めるレベルが高すぎです。一方ロシア人とかイタリア人とかあまり英語が得意でない人はお互い簡単な単語しか使いません。それでも十分にコミュニケーションは取れるのです。

ホステルやゲストハウスに泊まろう!

ホステルというのは相部屋がある宿泊施設のことです。広い部屋に2段ベッドがいくつかあるというのが一般的です。そういった場所に宿泊することで、半強制的に他の旅行者と交流することができます。

もちろんそういうところで、誰とも挨拶せず、会話せず、無言で過ごすことも可能ではありますが、せっかくなら自分から声をかけて交流しましょう!

私のゲストハウスのドミトリー(相部屋)でもお客さん同士が仲良くなって一緒に遊びに行く姿をよく見ます。

パトンビーチのオススメのホステルはこちらです。

バックパッカーは一度は来るべし!パトンビーチおすすめ格安ホテル3選

ホテルスタッフやビーチボーイと仲良くなろう!

ホステルやゲストハウスで出会うのは主に外国人旅行者が中心ですが、今度は現地のタイ人と仲良くなりましょう!

しかし、一般の人と仲良くなるのはなかなか難しいです。それもそのはず、銀行に出勤している人と旅行できている人が仲良くなるのはそう簡単なことではありません。そんな中、仲良くなりやすいのはホテルのスタッフやビーチで働くビーチボーイです。

最初はビジネスライクに接せられるかもしれませんが、2回顔出せばもう顔なじみです。ジュースなどのちょっとした差し入れを持って行けばもう友達です。そこで向こうの暇そうな時間を見計らって色々と話してみましょう。気付いたら一緒に食事に行ったり、飲みに行くことになっています。

プーケットで夜遊びを楽しもう!

タイで夜遊びというと『女の子、女の子。ゲッヘッヘ』というイメージがありますが、それだけが夜遊びではありません。

パトンビーチにあるクラブ、イリュージョンは世界中のアーティストが訪れる健全なクラブです。スポーツバーでスポーツを観戦しながらビールを楽しむのも楽しみの一つ。

まぁでも『女の子、女の子。ゲッヘッヘ』というのも夜遊びの一つではあります。一度のぞいてみるのもいい経験です。

プーケットの夜遊びに関してはこのページにひたすらまとめました。
よかったらご覧ください。

【2018年決定版】プーケットの夜遊び情報を本気でまとめてみた。

まとめ

今回は男性がプーケット一人旅を楽しむ方法について紹介しました。
もちろん、旅のスタイルは人それぞれですが、すこしでも参考になったのであれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です