人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

プーケットを3連休2泊3日で満喫!オススメ旅行日程

プーケットを3連休2泊3日で満喫!

今回は3連休で2泊3日でプーケットを満喫するオススメの旅行日程を紹介します。

プーケットへ行ってみたいけど、なかなか休みが取れない…。なんとか3連休で行ってみたいな。でもたったの3日では楽しめないかなぁ。

そんな悩みを持っている人に向けてこの記事を書きます。

この記事を読むことで、単なる旅行日程が参考になるだけでなく、効率的にプーケットを楽しむコツがわかり、2泊3日でも十分プーケットを楽しむ方法がわかります。

なお、3連休は土・日・月を想定しています。

3連休2泊3日のプーケット旅行。往復の飛行機は?

3連休でプーケットへ遊びに行く場合、行き2種類、帰り2種類の考え方があります。

行きの飛行機

  • 金曜日仕事終わってから深夜便で行く
  • 土曜日の早朝便で行く

帰りの飛行機

  • 月曜の夜に日本到着
  • 火曜の早朝に日本到着

 

それぞれの飛行機の組み合わせ

それぞれの飛行機を組み合わせるとこのようになります。

  1. 金曜の深夜発 月曜の夜到着
  2. 金曜の深夜発 火曜の早朝到着
  3. 土曜の早朝発 月曜の夜到着
  4. 土曜の早朝発 火曜の早朝到着

それぞれの日程の特徴を紹介します。

①金曜の深夜発 月曜の夜到着

金曜日仕事が終わってから空港へ行き、飛行機に乗ります。

羽田空港からは各航空会社が深夜便を運行しています。深夜便でバンコクへ行き、そこからプーケットへ。プーケットには朝7時から9時くらいに到着することができます。

基本的にホテルのチェックインは午後2時からが基本ですので、まだホテルの部屋に入ることができませんが、フロントで荷物を預かってくれます。ですので、荷物を預けたら、周辺の散策へ行ったり、トイレなどで着替えて海へ遊びにいくことができます。

到着した土曜日、そして翌日の日曜日をフルに使うことができます。

そして帰国は月曜の午前にホテルを出発。プーケットを昼前に出発することで月曜日の夜に日本到着することができます。

②金曜の深夜発 火曜の早朝到着

最もプーケット滞在が長いパターンがこちらです。

金曜の仕事終わりに出発するのは上と一緒ですが、違いは帰国日。

月曜の夕方までプーケットに滞在し、夜空港へ。そして機中泊で日本へ帰ります。到着は火曜の早朝。そのまま出社です。

確かに一番プーケットの滞在は長くなりますが、仕事後飛行機&飛行機後仕事へ。という強行スケジュールです。やってできないことはありませんが、帰ってきてからの仕事のパフォーマンスが落ちそうですね。

③土曜の早朝発 月曜の夜到着

最もプーケット滞在が短いパターンです。

仕事終わりに行くのではなく、その日は日本の自宅に帰宅。そして翌日土曜日の飛行機で出発します。

日本を朝出ると、プーケットには夕方くらいに到着できますので、そのままホテルにチェックイン。周辺のレストランで晩御飯を食べてホテルに戻り、翌日の日曜日に備えます。

日曜日は終日プーケットを楽しみ、月曜の午前にホテルを出発。プーケットを昼前に出発することで月曜日の夜に日本到着することができます。

④土曜の早朝発 火曜の早朝到着

このパターンも③と同じく仕事終わりに行くのではなく、その日は日本の自宅に帰宅。そして翌日土曜日の飛行機で出発します。

そして日曜は終日、月曜は夕方までプーケットに滞在し、夜空港へ。そして機中泊で日本へ帰ります。到着は火曜の早朝。そのまま出社です。

実際に多いパターンは?

これはお仕事次第といったところですが、これまで来た友人や知人に話を聞いていると①金曜の深夜発 月曜の夜到着のパターンが多いようです。

あらかじめスーツケースを準備しておき、空港のスーツケース預り所にスーツケースを送っておきます。そして、仕事後そのまま空港へ向かい、スーツケースをピックアップ。そして日本を出発。帰国後は、スーツケースを片付けたりしたいので、月曜の夜に日本到着して、スーツケースをばらしておやすみ。翌日に仕事へ行くという形です。

なので今回は、①金曜の深夜発 月曜の夜到着に沿って、オススメの旅行日程を考えていきたいと思います。

おすすめ旅行日程

0日目

金曜日の深夜、日本を出発。
00:40に羽田空港発。バンコクで乗り継ぎます。

MEMO
すでに日付が変わっているので、実際は土曜日出発ですが、金曜日の深夜ということで0日扱い。

1日目

朝07:50、プーケット到着。

空港からミニバスでパトンビーチへ。1人片道180バーツ。直接ホテルまで連れていってくれる。

ホテルに荷物を預けて、お出かけ。ビーチ沿いを歩いたり、ショッピングモールのジャンクセイロンを散策。途中マッサージを見つけ1時間900円のマッサージを堪能。

午後、ホテルにチェックインしてちょっと休憩後、翌日のプランを考える。ピピ島ツアーに行くことを決めて、ホテルで予約。そして、調べてあったシーフードが評判なタイ料理レストランで夕食。

2日目

早朝ピピ島へ行くツアーの送迎が迎えに来る。今日は終日ピピ島ツアー。水着や日焼け止めを忘れないように。
美しい海や島をいろんな角度から満喫。夕方プーケットに戻り、夜ホテル到着。

ちょっとお腹すいたけど、疲れているから少し休憩。普段より遅めに夕食へ出かけると、ちょうどバングラ通りが盛り上がる時間帯。プーケット最後の夜は繁華街バングラ通りでちょっと夜遊び。

帰りの便を考えて深酒には気をつけて。

3日目

今日は帰国日。朝10:20の便に乗って、バンコク乗り継ぎ。羽田空港には夜の21:10に到着します。

関連記事

今回作った簡単な日程表の中に関連する記事がたくさん。全部読むのは大変なので、気になったページをご覧ください。

どんな時期に行くのがいいのか、天気や気候、服装について
プーケットがお得な時期は?天気、気温、服装、シーズン紹介します!

プーケット空港到着後の交通手段について
プーケット空港から各ビーチ・街へのアクセス方法!全部紹介します!

パトンビーチのおすすめホテル
朝も夜も思いっきり遊ぼう!パトンビーチおすすめ高級ホテル3選 バックパッカーは一度は来るべし!パトンビーチおすすめ格安ホテル3選

オススメのマッサージ店
プーケット一人旅の楽しみ方女性編プーケット一人旅の楽しみ方!女性編!

プーケットのお買い物情報
プーケットの買い物情報まとめプーケットの買い物情報まとめ!2大ショッピングモールとローカルスーパーの紹介

オススメのツアー
プーケットおすすめツアー3選【在住者が紹介】プーケットのおすすめツアー3選!2018年版

バングラ通りの夜遊び
【2018年決定版】プーケットの夜遊び情報を本気でまとめてみた。

まとめ

働いているとなかなかおやすみを取るのは難しいです。でも、連休を使って来れるなら、有給を消費しなくても、会社に申請を出さなくても遊びに来ることができますね。

ちょっと日程的に大変な部分もあります。社会人中堅になって、休みを取ることでワーワー言われなくなったら、連休に1日プラスして、もう1日くらい長い日数で来れるともう少しのんびりできます。

プーケットへ遊びに来たら、ぜひプーケットのくまと遊んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です