人気記事 : プーケットのエリア別おすすめホテルと観光情報をまとめました!

プーケットで物件を見るならローシーズンがいい3つ(+1)の理由

プーケットに移住したい、不動産投資したい、ゲストハウスやホテルをやってみたいという方に向けて。

プーケットに旅行で訪れると、素晴らしい場所だということを知ります。

タイ人は優しいし、日本に比べて物価は安い。そしてそこら中でコンドミニアムの建設を進めていて景気はよさそう。そして、繁華街には人があふれていて、しょうもないゲストハウスやホテルも満室。

新たな生活や新たな挑戦にはうってつけの場所です。

こんな南国に住んでみたいなぁ。不動産見学行ってみようかなぁ。ホテルの物件探してみようかなぁ。

ちょっと待ってください。あなたは今どんな時期に来ていますか?
ハイシーズンの姿を見て、そう考えたのであれば、ローシーズンの姿も見てから決定してください。

今回は、なぜローシーズンの姿を見てからでないといけないのかの理由を紹介します!

プーケットのハイシーズンとローシーズン

プーケットでは大体11月から4月までの半年がハイシーズン、5月から10月までの半年をローシーズンと呼んでいます。単純にそうとも言い切れないのですが、一般的にはそうなっています。

詳しくはこのページをご覧ください。

プーケットがお得な時期は?天気、気温、服装、シーズン紹介します!

こちらでも概要を説明すると、プーケットではハイシーズンとローシーズンの差が大変に大きいもので、同じ島とは思えないくらい様子が変わります。ハイシーズンは世界有数の巨大リゾートアイランドですが、ローシーズンは田舎のタイの島になります。その極端な逆差が住んでいると面白いのですが、ローシーズンを知らないと大変なことになってしまいます。

今回は特にその差の中でも、大きく影響が出る『住むところ』や『ビジネスするところ』である物件を見る上での注意点やなぜローシーズンがいいのかを解説します。

プーケットの物件をローシーズン見たほうがいい3つ+1の理由

ローシーズンは雨で周辺環境が変わる

プーケットの雨は東南アジア的なスコール。勢いのいい雨がザーッと降ります。そんなお国柄なので、雨対策がしっかりしているかというとそうでもありません。

非常によく街が水没します。

いやいや、あんた雨降るのわかってるでしょ。って言いたくなります。でも毎年水没しています。
そしてハイシーズンになって、雨が降らなくなると応急処置的な工事が行われます。
翌年、解決するかって?別のところに原因が移動。また水没します。

さて、それが物件にどういう影響が出るかというと、周辺環境が大きく変わるのです。

例えば、いつも水没している道は通過できなくなることもよくあります。その道を通らなくてはいけなかったり、便利な道だと思っていても、水没してしまったり、道がボロボロになってしまうとローシーズンは使えません。

プーケットは山や丘がたくさんあるため、低地の決まったところに水が溜まる傾向があります。そういったところをちゃんと見れるのは実際に雨が降るローシーズンの間です。ただ住むだけであれば、多少の不便は我慢できますが、ビジネスをしたりするのには致命的なマイナスポイントです。

ローシーズンの雨に対策できているかわかる

そんなバカな!と思われるかもしれませんが、新しいコンドミニアムですら水漏れ、雨漏れがおこります。

外観はとてもオシャレでお金かかってそうだなぁ。これなら安心だなぁ。と思ってもいざ住んでみると、外から見えない中の配管だったり、施工だったりが手抜きであることも。

住宅のプロや建設のプロなら自分でチェックして、調べることができますが、一般人にはわかりません。すこしでもそのリスクを軽減させるためには実際に大雨が降っているなか物件を見るのが一番です。

ローシーズンで値段が変わる

これまた面白い話なのですが、ハイシーズンに契約するかローシーズンで契約するかで値段が変わります。

一大リゾート地プーケットだけあって、通常のコンドミニアムや一軒家もホリデーレンタルという形で2〜3ヶ月の間旅行者にレンタルします。だから、普通の家ですらハイシーズンは儲かるのです。

私たち日本人からしてみると1年契約というのはローシーズンも部屋を稼働させ続けられるので、大家にとっていいことだろうと思いながら交渉をするのですが、彼らにとってみれば、ハイシーズンはハイシーズンの儲けが重要。ローシーズンのことはローシーズンに考えればいいや。という人が多いような気がします。

(ビジネス的に)人がいなくなる

今回あえて+1という表記にしたのは、この最後の理由が主にビジネスベースの話だからです。

ハイシーズンはプーケットのどこへいっても人であふれています。本当に文字通り『あふれていて』こんなところでホテルをやったらウハウハだなぁと思われるかもしれません。そして値段はタイにしては高いくらい。お客さんもいるし、単価も高いし、とても夢物語のようです。

しかし、ローシーズンは一転。ひとっこひとりいなくなるビーチが結構あります。プーケットの繁華街であるパトンビーチでも随分人が少なくなります。他のビーチはいわんや。という感じです。

実はローシーズンにも強いビーチや場所があります。そういったことを調べるためにもぜひローシーズンにチェックしてみてください。

まとめ

旅行で来るならローシーズンは外しがちです。決して悪い時期ではないのですが。

でもいざ住んでみよう!とか長期滞在してみよう!商売してみよう!と思うのであれば、ぜひローシーズンにも遊びに来てみてください!

ホテルは安くなり、山のようにいた観光客も落ち着き、これこそプーケットという姿を楽しむことができます。
その上で、素敵な家やホテルを見つけられると最高ですね。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です