人気記事&新規記事一覧はこちらから。

在住者が紹介!プーケットの雨期・ローシーズンならではの楽しみ方

休みが取れて、さぁどこへ行こう。前から気になっていた、プーケットに行ってみようかな。

そう思って調べて見るとなんと日本のゴールデンウィークやお盆、夏休みなどが軒並みローシーズンと書いてあります。えー、ローシーズンなら辞めようかなぁ。

それはもったいない!

プーケットにはローシーズンならではのローシーズン限定のよさがあります。今回はそんなローシーズンならではのプーケットの魅力を紹介します!

プーケットのローシーズンの楽しみ方

高級ホテルに滞在しよう!

プーケットの高級ホテルはハイシーズンとローシーズンで半額から1/3まで値段が下がります。ハイシーズン1泊5万円するホテルがローシーズンには1万5千円まで下がることもザラです。年末年始なんてさらに大変なことになります。

ハイシーズンに3泊すると15万円するホテルに4万5千円で泊まることが出来てしまうのです。

ホテル側は空室で人がいないより、安くしてでもお客さんが入ってくれた方が嬉しいのです。だからこんなに差ができます。

考えてみてください。通常15万円の価値があるものを半額以下で楽しむことができるのです。

せっかくの休暇。贅沢な時間を過ごしたいと思うなら、ローシーズンのプーケットは最高にお得にです。

スパを楽しもう!

そんな高級リゾートに来たら、併設されているスパも楽しみましょう!

残念ながらスパの値段はハイシーズンでもローシーズンでも変わらないことが多いです。

しかし、静かなホテルの中、雨音を聞きながら受けるスパ騒がしく、プールから騒いでいる声が聞こえてきそうなスパとは全く違います。

そんな真の癒しを味わうことができるのもローシーズンの魅力です。

日没を楽しもう!

日没を見るのは天気がいい方がいいかというと決してそういうわけではありません。全く雲ひとつない日没。それは実はちょっと味気ないものです。

例えば写真を見るとわかりやすいのですが、雲や船などの脇役がいないとただの日没。世界中どこで撮っても同じ風景になってしまいます。

ところが雲が出ているだけで、いっぺんに様変わり。日没寸前の太陽が雲を照らし、赤から紫、そして青と美しいグラデーションを描いてくれます。

西向きのビーチに面したバーに座って、日没を眺めましょう。最高にロマンティックな時間を過ごすことができます。

バーでスタッフと仲良くなろう!

プーケットの繁華街、パトンビーチのバングラ通り。ハイシーズンは誇張抜きで満員電車さながらです。そのため、バーのスタッフも疲れ切って、流れ作業感たっぷり。

多分、大喜びしているのはオーナーだけでスタッフはみんな疲れ切っています。そんな時に多少会話したところで、数百人いるお客さんの1人でしかなく、簡単に忘れられてしまいます。久々に飲みに来たのに、向こうが覚えていないというのは悲しいですね。

一方、ローシーズンはオーナーが悲しんでいる横で、スタッフたちは生き生きしています。仕事は楽だし、お給料は出るし何もいうことはありません。そんな時は彼らもヒマでどんどん話しかけてくれます。そして、とても仲良くなります。

この時期に2回も行けばもう常連扱いです。落ち着いた環境の中では、やっぱりタイ人はタイ人。とてもにこやかで親しみやすい素敵な性格です。

ハイシーズンに行って感じ悪かったなぁと感じてしまうのは仕方ないことですが、少し残念。ぜひローシーズンにも遊びに行ってみましょう。

サーフィンをしよう!

アクティブな人に限定されてしまうのですが、ローシーズンはプーケットのサーフィンシーズンです。

サーフィンって素敵ですね。スポーツそのものに魅力があるのですが、サーファー仲間のつながりというのも魅力の一つ。同じスポーツが好きなだけでこんなに仲良くなれるものなんだと驚きました。

ちょっと雨が降ったら、休憩。サーファーやビーチボーイとダラダラおしゃべり。小一時間で雨が止んだらまた海に出てサーフィンを楽しむ。

ローシーズンの最高の過ごし方です。

初心者から中級者が海外でサーフィンするならプーケットがおすすめ
あわせて読みたい

プーケットの旅行に役立つ観光情報を一挙に紹介。基本情報からおすすめのエリアやホテル、レストラン、アクティビティなど観光情報全般を紹介しています。

>>このページを読む<<

まとめ

プーケットはハイシーズンとローシーズンでは全く違った島になります。

ハイシーズンは世界を代表する一大アイランドリゾート。ローシーズンはタイの田舎の村。
その両方が魅力的なのです。住んでいる私としてはぜひ両方の姿を楽しんでほしい。そう思っています。

ぜひシーズンを問わず、プーケットに遊びに来てください。プーケットのくまがお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です